みんなでやるから粗利益がアップできる Ⅱ

2018年01月11日

    1.一騎通貫ですか?分業型ですか?

    会社の人数や業務のやり方によって、

    ひとりが集客、営業から提案、見積、契約、

    施工管理、引き渡し、集金までおこなう一騎通貫型。

    片や、複数の人がそれぞれの業務を

    つないでいく分業型にわかれます。

    どちらもメリットデメリットがありますが、

    今や、リフォームは商品、工法が増え、

    作業工数が多く、専門性が高まっていますので、

    だんだんと分業制に向かっています。

    出来る人からすれば、一騎通貫でやってしまうほうが、

    段取りが良いように思われますが、

    それぞれ100%こなした作業が集めて、一つの仕事にしたほうが、

    みんなで粗利益を増やしにいくには向いています。

    業務が複雑になっていますので、

    しょせん一人でやれることは限られています。

    2.見積時に実行予算を組んでますか?

    粗利益を高めていくために、

    見積時に、目標の粗利益を死守できるよう、

    実行予算を組むようにしています。

    契約時にこの工事でいくらの粗利益が入ってくるのかを知ります。

    契約時の粗利益率が、基準となり工事段階でどれだけ粗利益を

    増やすことができるかの目安になるからです。

    工務の人に渡り、工程表を作成しながら、実勢予算を組んでいきます。

    この段階から、

    外注さんの段取りの工夫、

    同等品、代替品の工夫、

    在庫品の活用など知恵を働かせて、

    粗利益を増やす努力ができます。

    あとは、なんといっても準備八割の現場段取り力で、

    工期の短縮が一番の変動費削減(改善)になり、

    粗利益を増やすことに貢献してくれます。

    3.粗利益率が高いとお客さんが喜ぶ?!

    地域密着の工務店リフォーム店では、

    「粗利益率が高ければ高いほどお客さんは喜ぶんだよ」という

    声を聞くことがあります。

    OBさんに支えられているお店のVIPさんとの間柄をみていると、

    事業者とお客さんという関係ではなく、

    まるで親戚みたいな関係であったりします。

    お互いが、これだけやってくれてありがとう・・・

    私も自分ができることで、お返しをしたい・・・

    という報恩の繰り返しになっているように見えます。

    粗利益を増やすには、お客さまを絞り込みことが必要だと思います。