パソコンの使い方で、業績アップ?!

2016年03月16日

    なんと、10年間で、情報量が543倍に!10年間で543倍
    当然、今までのやり方では通用しないはずです。

    インターネット普及で

    情報量が増えて複雑になったから、

    パソコンが必要になっています。

    なぜならば、

    パソコンって、計算や情報の処理をしてくれる機械だから、

    使いこなして情報を少なくしないと、人の処理能力が追いつかなくなってしまう。

    とにかく、これからの時代、成果を出していくには、

    処理機械=パソコンを使いこなせるかが、どうかがカギになってきます。

    とくに個人事業さんや10人以下の会社さんは利益づくりに大きく関わってきます。

    でもむずかしいことではありません、

    情報を、集めて、整理して、共有して、活用することの繰返しで成長していきます。

    だから、

    パソコンを使って仕事の準備八割をしなければなりません。

    それは、今までのようなソフトの使い方を勉強するようなことではなく、

    人の温もりをもって一人一人がまわりとつながり、

    自分たちが持っている価値を活かしていくことです。

    さぁ、勘と経験と度胸だけに頼らず、根拠ある経営へ一緒に進んでいきましょう。

    ※出所(平成8年~平成18年10年間 総務省情報通信政策局情報通信経済室平成18年)