モノが売れない、人が集まらない時代の経営とは?

2017年10月18日

    売上アップをやめて、利益づくりに変更しませんか?
    1.食いぶちをまかなうことが最優先

    ・売上規模を追いかけるより、まず固定費(食いぶち)をまなおう!

    ・売上額を競うより、利益を出して生き残り続ける会社を目指そう!

    ・固定費がいくらあれば会社が存続するかを知っておこう!

    ・食いぶち(固定費)をまかなえる粗利益を確保するように手を打とう!
    2.売上アップは固定費を使うだけ

    ・モノが売れない、人が集まらないから費用対効果が合わない

    ・売上アップは、固定費が先に出ていくし、投資回収が難しい

    ・売り込み不要(販売不要)で売上、利益が発生していくマーケティングの実践

    ・お客さんの心を誘惑、誘導するようなテクニックではなく強みをアピール(お金をかけず)

    固定費を使って売上を上げる

    3.改善が集客につながる?!

    ・与えられた売上のなかで自分たちの努力で利益を出すことが必要

    ・目の前の作業で、3%改善できたら営業利益が3%増えること

    ・利益づくりに目を向けるといろんな無駄が改善され、強みを出すことが必要

    ・強みが独自化につながり、現れたぴったりのお客さんと仕事をしましょう
    モノが売れない、人が集まらない時代の幸せ働き方、会社づくり
    システム思考経営のプレセミナーはこちら