リフォーム会社で一人あたりいくら稼げばいいの?(事例紹介)

2018年01月24日

    社員さん一人あたりの数字を決めていますか?

    1.一人あたりの売上、粗利、営業利益

    地域密着の工務店リフォーム店さんで、

    一人あたりの数字を決めている会社さんがあります。

    ベテランさんも新人さんも全員の頭割りで、

    一人あたりの数字が、

    ①売上 3,000万円

    ②粗利益額 1,000万円

    ③営業利益 300万円

    社員さんが5人ならば、

    ①売上 1億5,000万円 ②粗利益額 5,000万円 ③営業利益 1,500万円

    社員さんが10人ならば、

    ①売上 3億万円 ②粗利益額 1億円 ③営業利益 3,000万円

    という数字を目標にされています。

    わかりやすいですね。

    決算では、ほぼ達成!

    2.発生源が明確

    なぜそれが実現できるのでしょうか。

    理由の一つに、案件が生まれてくる発生源が安定していることがありました。

    OBさんからのリピート、OBさんからの紹介の80%、90%をベースに、

    新規案件の入り口が会社ごとに異なっています。

    研修会では、業績アップの手順として、

    変動費削減(改善)で社風を変え、

    固定費削減(改善)で体質を変えることで、

    自社の強みがわかり、自分たちがはっきりしてくるから、

    強みをアピールすることができます。

    そうすると、同じ価値観を持つお客さまから、

    お声がかかりやすくなります。

    それがやがて、問合せ案件が発生する独自のルートになります。

    地域密着店さんの新規案件で共通しているのは、

    自社で地域を絞り(半径800メートルから数キロの範囲)、

    そこへアピールして、10万円以下の修理修繕から親密を図っていくこと。

    お客さんと自社がお互いに価値観を確認しあい、OBさん、VIPさんが育っています。

    自社のお客さまの層はどこなのか?

    自社が強い商品は何なのか?

    どのような頻度で修理修繕からリフォーム工事、大規模工事に発展していくのか?

    各社さんなりの指標をもとに案件づくりをされています。

    3.営業社員ゼロ、地域に浸透

    なぜ、一人あたりの数字、

    ①売上 3,000万円 ②粗利益額 1,000万円 ③営業利益 300万円

    が安定しているのでしょう?

    こちらの会社さんは、営業社員さんがおられません。

    以前は塗装の工事で男性の営業部隊が活躍する会社さんでしたが、

    地域密着のリフォーム店へ業態変更を機に、

    女性社員さんを採用し、分業制にしてから退職者も出ずに、

    大家族経営をされています。

    現在は、わが家の主治医をモットーに地域のリーダー層をターゲット顧客として展開。

    その1.名医であること、有資格者の集団

    その2.使命を持つこと

    その3.元気になること、ストレスのない設計施工

    とわかりやすく説明いただきました。

    社員さんがわかりやすいから、地域のお客さまにも伝わるんですね。