一円融合(いちえんゆうごう)、報徳(ほうとく)

2017年03月20日

    二宮尊徳(にのみや たかのり)さんの名言

    「道徳なき経済は犯罪であり 経済なき道徳は寝言である」なるほどなぁ・・・

    二宮金次郎の銅像(薪を背負いながら読書)が有名ですが、

    江戸時代後期に荒廃や飢饉の再興救済を各地で報徳思想をもとに成し遂げた人。

    二宮尊徳さんの教え「報徳」が真岡市のホームページに載っていました。

    ● 報徳「徳を以って、徳に報いる」
    物や人そのものにそなわっている「持ちまえ、取りえ、長所、美点、価値、恵み、おかげ」などを
    「徳」として、その「徳」をうまく使って社会に役立てていく(お返しをする)ことを「報徳」と呼びました。

    システム思考経営で言う、「独自化で、役立って儲ける」

    ●一円融合(いちえんゆうごう)
    すべてのものは互いに働き合い、一体となって結果が出るという教えです。
    例えば、植物が育つには、水・温度・土・養分・炭酸ガスなどいろいろなものがとけ合い、一つになって育ちます。
    どれもが大切なのです。

    システム思考経営で言う、「生成化育、システム」
    だれもが目的を持っていて、また誰もがいくつもの目的達成の役割を持っている。すべてはつながっている。

    時代は異なりますが、今までの仕組みが崩壊し、各地で歪(ひずみ)が起こり、経済生活の復興が求められるのは、

    今の時代も同じではないかと思いました。

    システム思考経営の取り組みはこちら