事業継承で、新たな独自化づくり

2019年03月04日

    2009年から続いている地域密着リフォーム店の

    業績アップ勉強会参加してきました。

    石川、福井、名古屋、滋賀、大阪、岡山から、

    生成化育の経営をされている6社さまが集合。

    決算報告、年度方針、経営指標、経営課題が、

    発表されました。

    経営課題については、sdr

    ・工程管理、時短
     工務部門の高齢化にともなう技術継承

    ・経営そのもの
     新たな人材の採用

    ・営業と工務のとの連携、業務のバトンタッチ
     社員さんが自分たちで数字をつくっていく
     そのためのマニュアル、流れづくり

    ・次の事業継承

    ・業態転換
     業務請負から元請けへの切り替え
     今後の道筋の共有

    ・潤沢な案件づくり
     社員さんが台風案件で処理能力に自信がつき、
     これからは能力を活かすための案件づくり

    昨年から今年にかけて、事業継承が2社さまでおこなわれ、

    新社長の参加で雰囲気も変わってきました。

    修理修繕で固定費をまかなう会社さまは、

    地域の関係づくり、粗利益45.1%(2018年実績)など、

    独自化が完成されており、今回の事業継承を踏まえ、

    新たな独自化づくりへ向かわれるように思いました。

    独自化の基盤は5年くらいごとに、自らが一旦壊して、

    新たな基盤をつくっていく必要があると助言いただきました。

    変化を恐れない組織づくり、

    常に、成長、変化、進化し続けるから生き残ることを

    改めて実感いたしました。

    活動発表では、以下のような話がありました(抜粋)

    ・新聞(通信)を届けている先は契約がスムーズにいく。

    ・10年前から新聞(通信)の配布を訪問し続けているのは、
     「元気で会社があること」を感じてもらうため。
     ついでにチラシを持ってまわっている。
     訪問すると喜んでくれる、
     留守だったら居なくてゴメンねの電話もらう。

    ・粗利益がアップした理由は、社員さんの意識。

    ・ラインアット(LINE@)をテストしてみようと計画している。
     周辺のお店との連携など

    ・失注率が高めになっているので、現場からの案件増へ
     見せる現場づくりをやっている。

    ・ホームページからの問い合わせ、見積申込み増えている
     人を全面に出しているので雰囲気が良くなった。

    ・お客さまとより深い関係になるには、お客さまと会話するのがいい。
     最初は向こうが遠慮していたり、こっちが遠慮していたりするけど、
     リフォームの注文をもらうとか、仕事のことは関係なく、
     人は話したい生き物だから、人間対人間の付き合い方をすればいい。

    会社ごとにそれぞれの案件づくりの流れがあり、

    工事の種類、稼ぎどころは違えども、

    地域に根づかれているなぁと思います。

    やっぱり、中小企業のマーケティングは、

    経営理念を持って、個別、顧客、地域密着ですね。

    次回もよろしくお願いします。
    CRC(クリエイティブ・リフォーム・サークル)
    ~進化し続けるリフォームの会~
    生成化育の経営で、業界、経済を変えていく