人が育つための会社の役割

2018年07月06日

    人がすくすく育っている会社っていいですよね~

    こちらまでウキウキ楽しくなります!

    社員さんが育つ会社の特長を見ていると・・・

    ・お客さまから仕事をホメられる(やっぱり元請けがいいですね)

    ・作業の手間がホメられる(仲間からも、協力会社さんからも)

    ・知識や技術の習得によって成長を感じられる

    ・会社の理念と自分のやりたいことがつながっている

    ・こうしたい、ああしたいが仲間と言い合え、実践できる

    ・会社の強みを言葉にして伝えられる

    ・会社の利益に貢献する内容、行動をしている

    まだまだたくさんあるんでしょうけど、

    ちょっと書き出してみました。

    そうそう、研修会で教わった「業績のいい会社」の

    資料も添付しておきます。

    業績のいい会社色付き

    あらためて見てみると、いいこと書かれてありますよぉ~

    会社で人が育つか、育たないかは、

    やっぱり、経営者の影響力が大きいですね。

    社長さんが常に変化して進化成長していないと、

    道を誤って、えらいことになります。

    社員さんの持って生まれたものに気づいてもらい、

    会社を通して社会に貢献して伸ばせていけるか?

    はたまた、

    会社の都合で仕事をこなす、数字づくりの道具として終わるのか?

    う~ん・・・

    ふと思うのは、会社って誰のものってこと。

    5人、10人、20人以下の中小規模の会社はいったい誰のものなの?

    昔とはどうも様子が変わってきているような、、、

    その会社の存在の意味、あり方なんだろうなぁ・・・

    しっかり、役割を果たしていきましょう。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    人と自然に寄り添う、生成化育の経営を伝承

    ちえじんの教科書

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~