人に役立つ仕事が、クリエイティブエコノミーな働き方

2017年12月23日

    「ありがとう、またお願いね!」と言われる仕事をしていますか?

    以前は、売れる人が優秀で、売上規模が大きい会社が立派という意見が多くありました。

    これからは、人それぞれが感性や感情を湧き出せて、世の中に役立ち貢献する仕事が増えてきます。
    1.その人にしかできない働き方

    人はそれぞれに役割、果たす目的があって生まれて生きていますから、

    持って生まれた能力があります。

    ところが、それに気づかず、人生を終えてしまう人が多いのが現状、とてももったいないことです。

    2.人を活かす働き方

    売ることが優先で、奪い合う会社では、人は単なる売上を上げるための道具でしか過ぎません。

    人はそれぞれに能力があって、長所や短所もあって、お互いに補うから良い面が生きて会社が成長していきます。

    3.生成化育の職場、経営

    宇宙から命を授けられ地球で生まれた私たちは、

    自分の持っているもので、まわりの人を手伝う、応援する、育てることが、

    自然の法則として備わっているのですが、それに気づかず自分の欲望を優先して生きている人が多くいます。

    それはクリエイティブエコノミーな生き方とは言えません。

    クリエイティブエコノミーは人を活かす生成化育の経済。

    自分の持っているもので、人に役立ち、ありがとうがもらえる仕事をしましょう。