【人材育成】会社は社員さんが成長するための器

2016年08月07日

    中小規模の会社は、限られた人みんなが持って生まれた能力を発揮して、つながり、目的に向かって成果を出し続けることがとても大切。そのためにも在り方とやり方をしっかり身につけて業績アップに取り掛かりましょう。

    勘くん
    社員さんを育てるって大事ですね

    先輩
    気づいてきましたね

    勘くん
    はい、経営理念を掲げてからようやくですけど・・・

    先輩
    経営理念に向かうのは経営者だけではできません。社員さんの力を借りてはじめて動くことができます

    勘くん
    力を借りるですかぁ~、そんな意識はなかったです

    先輩
    まさか、使ってやってるとか、雇ってやってるとか、思ってたんですか?

    勘くん
    ギクッ。昔は正直少し思っている時がありました

    先輩
    給料分くらい稼げよ、だれが給料払ってるねん、とか思ってたんじゃないですか?

    勘くん
    ギ、ギクッ。勘弁してくださいよぉ~

    先輩
    会社の構造もつくってもいないのに、社員さんに仕事で成果を求めることが間違っていますよ

    勘くん
    そうです、ついつい自分と同じようなことをしてほしいと求めてしまいます

    先輩
    経営者と社員さんは役割が違いますから、出来ることが違ってきます。複雑な時代ですから、成果を出すにはオールマイティな一騎通貫ではなく分業が求められます

    勘くん
    それは痛感しています、目的達成のための構造づくり、関係フローが絶対欠かせませんよね

    先輩
    社員さんは仕事を通じて個人が成長していきますから、育てる気持ちで仕事を手伝ってもらわなければなりません

    勘くん
    そのためにもどこの仕事(部分)で能力を引き出すかが大事なのですね

    先輩
    そうです、ドラッカーが言っているように、「組織のなかで強みを発揮し、弱みを無意味にする」ことが業績アップには欠かせません

    勘くん
    個人の成長(循環)は、会社の成長(循環)につながり、経済の成長(循環)につながると教えていただきました

    先輩
    はい、会社は個人が成長するための器のようなものですから、しっかりと構造をつくって日々研鑽して経営理念に向かって成長していきたいものです

    勘くん
    経営者の仕事は、経営理念を掲げて事業領域と構造づくり。社員さんの仕事は業績アップ。ですよね

    先輩
    そうです。勘君、業績のいい会社では社員さんはどのように働いてますか?

    勘くん
    はい、社員さんはいきいき働き、社長は前向き、取引先さんやお客さんは質が良いと勉強しました

    先輩
    社員さんはいきいき、楽しく、幸せに働くことですね。だから売上ノルマに苦しんだり、お客さんに売り込みにいって嫌がられたりでは業績は良くなりませんね

    勘くん
    はい、お役立ちをして、儲ける仕事をみんなでやって、どんどん成長していきます

    先輩
    よろしくお願いします

     

    儲ける社員さん研修の参加者募集中

    資料請求、お問い合わせなどお気軽にお問合せください
    当社も売り込みは致しませんのでご安心ください