売上が足りないのは、自分たちがそのままだから!?

2017年07月23日

    過去の経験だけに頼って、やりたいようにやってませんか?

    わがまま

    ●常にみずから改善し、変化するから役立って喜ばれます

    ●お互いに成長し合う関係だから、改善することで相手やまわりに役立つことになるんですね(生成化育

     

    1.食いぶちをまかなえる売上

    勘くん
    売上が足りません⤵

    先輩
    いくらあればいいのですか?

    勘くん
    そりゃ、あればあるほど嬉しいです

    先輩
    売上が足りなのが問題ではありません

    勘くん
    どういうことですか?

    先輩
    自分たちの食いぶち(固定費)をまかなえる粗利益がとれていないから問題なんです

    損益の図 売上=完成 エンジ色

    勘くん
    まあ、そうですけど・・・

    先輩
    何か、言いたそうですね

    勘くん
    売上がないと、仕入れ、外注先さんへも支払えないし、粗利益も出ません。
    だから売上があればあるほど、潤います。

    先輩
    まっとうな商いでは、役立つことができたら、自分たちの食いぶちと数パーセントの営業利益(次への投資)を得ることができます。

    勘くん
    ドッカーンとは儲からないんですね、はぁ、残念。

    先輩
    いくらあれば食べていけるかの根拠が大切です

     

    2.売上が足りないときは

    勘くん
    たしかに根拠なく売上を欲しがっていたように思います

    先輩
    売上を上げにいってしまうと、何が増えますか?

    勘くん
    チラシもつくるし、宣伝もするし、営業訪問するし、営業会議もするし・・・
    あっ、固定費を使うことになります。

    先輩
    そのとおりです、算数教室がわかってきましたね。
    固定費を使うと営業利益を食いつぶすか、より赤字になるか。

     

    勘くん
    わかります!
    広告宣伝費はかかるわ、営業さんはバタバタするわ、会議の時間は長いわ。
    大変です。

    先輩
    現場はおろそかになりませんか

    勘くん
    そうなんです!
    クレームが勃発して走り回って、おかげで利益率が悪くなってます

    先輩
    売上が足りないからといって、売上を獲りにいくのはおススメしません

    勘くん
    ・・・

    先輩
    急がばまわれの言葉どおり、売上に直接手をつけるのではなく、粗利を増やす、固定費を減らしにいくことが優先です

    勘くん
    体質を変えろっていうことですか?

    先輩
    そのとおりです、飲み込みがはやいですね

    勘くん
    わかってきたような気がしますが、まだまだ売上を獲りにいく習慣がしみ込んでいます

    先輩
    仲間と一緒に取り組んでいると、だんだんと売上ありきの習慣が抜けてきますよ

     

    3.今のことを変える

    勘くん
    時間がかかりそうですが、体質を変えないとますますドツボにはまるような気がします

    先輩
    自分ができているとか、プロ意識のある人ほど、今までの経験や好きなやり方をしています

    勘くん
    そうです、みんな積み上げた経験でやってきてますから

    先輩
    売上が足りないのに自分たちがそのままというはあり得ないのです

    勘くん
    ・・・

    先輩
    自分たちの生活、
    自分たちの改善、
    自分たちのやり方、
    自分たちの仕組みが、
    そのままなのに、売上だけが足りないというはあり得ない
    ということなのです

    勘くん
    自分のやり方、好きなことを続けるだけではアカンのですね

    先輩
    ひとりでやるならかまいませんが、みんなの作業で一つの仕事をするには成果は出ません

    勘くん
    なるほど、自分で自分を満足させているだけではイカンのですね

    先輩
    まわりに役立たないようになって、
    自分自身もまわりも悩んで苦しくなります

    勘くん
    自分ばかりを出すのでなくて、
    相手やまわりの話を素直に聞いて、改める気持ちを持つことですね

    先輩
    成長すると気づいて、変わっていくから、進化して、より役立つから生かされ続けます

     

    ●まとめ

    ・売上が足りないことが問題だと思って、
     固定費を使って売上を獲りにいっても解決せず、より事態は悪くなる

    ・売上が足りないとは、
     食いぶち(固定費)をまかなえる粗利益がとれていないから

    ・売上が足りないときは、まず粗利益を増やしにいくこと。
     その次に固定費を減らしにいくこと(整理、整頓、時短)

     

    ●売上が足りないときの問題解決(システム思考経営)

    売上が足りない問題は、

    自分たちの食いぶち(固定費)をまかなう粗利益を

    得られていないことが本当の問題になります。

    売上が足りない現象だけに目を奪われることなく、

    本当の問題に気づいて改善していきましょう。