売上を上げたらええやん!って言うけど

2019年01月02日

    売上は粗利益を得るためにある損益の図 循環

    粗利益は固定費をまかなうためにある

    固定費は売上を得るためになる

    なるほどなぁ、ほっしゃんの言うとおり

    食いぶち分の粗利が要るもんな。

    粗利が大事なのはわかった。

    けど、変動費削減して粗利を増やすのもええけど、

    売上を上げたら、

    それにつられて粗利も増えるからそれでええん。

    仕事を獲ってきたらええやろ。

    う~ん・・・、損益図を見方によってはそう見えるけど。

    売上を上げにくのは、

    知らず知らず固定費を使っているねん。

    人が手を取られるのも固定費、

    宣伝するのも固定費、

    新商品に手を出すのも固定費、

    お菓子を持って訪問営業するのも固定費。

    売れてきた時代のなかで、実績を残した人がよく言う言葉。

    「売上を上げたらええんやろ」

    「みんな売ってないだけ、売ってこい、俺らの時代は」

    たしかに売らないのはアカンけど。

    売って利益が残ることが大事、儲かっていることが大事。

    だから、儲かってないから売りにいこう!はちょっと違うし、

    こっちの都合で売りにいったら、売れてた時代ならいざ知らず、

    お客さんが遠のいていくだけ。

    それでも力づくで、どんどん新規を狩りとっていく人もいるけど。

    どうせやったら、自分たちの得意なことを買ってくれて、

    役に立つから、ずっとお付き合いが続いて儲かっているのがええなぁと思う。

    変動費、固定費削減(改善)は、不完全な部分をあぶりだして、

    変えていき、まわりに役立てるようになっていく修行のような感じかなぁ。

    会社が、社会の一員として役立って儲かる業績アップは簡単じゃない。

    けど、みずからの経営理念を持つところはそこへ向かってほしい。
    時代が変われば生き残り方も変わる、これからは独自化ですみ分けて生き残っていく時代ちゃうかなぁ。

    生成化育の経営が経済の主流となり、星川真一郎
    中小企業に物心両面の幸せがもたらされますように

    ちえじんの教科書 代表 星川真一郎