完工粗利益アップのために先読みしてますか?

2017年11月07日

    どれだけ現場のシュミレーション(先読み)するかで、粗利益が変わりますよね。

    先読みを活かして粗利益をアップさせていきましょう。
    1.見積作成時に実行予算

    ・お客様へ見積作成すると同時に実行予算をつくりましょう

    ・自社単価(過去の案件から)を持って、実行予算をつくりましょう

    ・仕入れ、外注さんに都度都度、見積依頼せずに済むようにしましょう
    2.実行予算は基準

    ・実行予算で算出した粗利益率を基準とします

    ・基準からどれだけ粗利益を良くできるかをおこないましょう

    ・現場管理者が工程を組みながら実勢予算をつくりましょう

    ・作業、仕事の流れに準じて実行予算をつくりましょう

    ・その実行予算の金額を抜いたものを作業の指示書として活用しましょう
    3.粗利益率アップは成長の証拠

    ・発注段階での変動費削減をしましょう
     例)倉庫の在庫活用、同等品、代替品の模索

    ・設計段階での仕様、工法を検討しましょう

    ・日々指示書をチェックして工程表で工期の短縮をおこないましょう 

    ・実行実勢予算の更新の度に関わる人が改善して成長していきましょう

    利益を読むこと(基準づくり)

    まとめ
    案件を受注した時から、完工までの間に粗利益をどれだけ出せるか、会社の力。人が仕事を通じて成長している証。