建築で、お客さんから「ありがとう」と言われる仕事

2017年10月30日

    下請けと元請けのどちらが頑張れますか?

    と聞かれたらなんと答えますか。

    例えば、

    下請け(業務請負)は、利益は低いけど仕事を回してもらえる。

    元請けは、お客さんから直接「ありがとう」の言葉がもらえる。

    などなど・・・いろいろありますよね。

    どっちが、幸せな働き方なんでしょうか!?

    普段は、下請けやってるけど、たまにお客さんから声がかかって、

    元請けで水漏れなおしたら、めちゃくちゃ感謝されて・・・

    いつもあたり前にやっていることなのに・・・

    自分がやっていることって何が役立っているが、

    わかんないもんですよねぇ~

    最近の若い人の間には、お金もほしいけど、

    人に役立つことがしたい人が増えています。

    特にリフォームは、

    お客さんの悩みゴトや困りゴトを直接聞いて、

    解決するお助けマンだから、役立って感謝される仕事。

    仕事が楽しくないとか、適正な仕事ってなんだろうって、

    探している人がいるけど、

    お客さんに喜んでもらって、頼りにされて、お金がもらえたら、

    楽しくなります!

    人って、不思議なことに、

    お金のためとか、自分のためよりも、

    お客さんのためなら頑張れるんですよね。

    建築屋の喜び!地域密着店で生き残る経営のお手伝いやってます!

    プレセミナーで地域密着店経営の手順を説明しております、お気軽に