想い(ビジョン)を共有するから人が育って目標を達成していく

2017年12月10日

    想い(ビジョン)を共有するから人が育って目標を達成していく

    社員さんみんなで、想い(ビジョン)を共有していますか?

    想いがない目標、計画では、人が成長しません。

    1.あり方とやり方は両輪

    まわりに役立って儲かる人(会社)は、あり方(理念)を持って、

    やり方(利益の仕組みづくり)に取り組みます。

    そのために、感性から湧いてきたあり方を理性を使って

    まわりにどうお役に立っていくかを

    組み立てながら仕組みをつくっていきます。

    2.想い(ビジョン)をみんなで共有

    組み立てに欠かせないのが、想い(ビジョン)の共有。

    社員さんみんなが、お客さんにこんな風に喜んでもらいたいなぁ~、

    仕入れ外注さんとはこんな関係でいたいなぁ~、

    社内はこんな雰囲気で毎日わくわくして仕事をしたいなぁ~

    同じ想いを持つことが大事です

    3.計画が湧いてくる

    想い(ビジョン)が共有できれば、

    自然と一人ひとりの感性、感情が湧いてきますから、

    その人独自の持って生まれた能力を発揮しはじめるので、

    私は~がしたい!こうすればもっと良くなるのでは?!・・・

    ビジョンがはっきりするから、現状の何を改善したいのかが出てくるわけです。

    そこではじめて自分たちがここまでいきたいという目標を掲げ、

    「いつまでに何をどうする」という

    自分たちを成長させるための計画を立てることができます。

    目標と計画は、自分の成長のためなんですね。

    システム思考経営で下の図のように、

    お役に立って、儲かっていく循環をつくりましょう。

    役立って儲かっていく循環 汎用篇