成果が出ない原因は、チームになっていないから?!

2017年08月10日

    社員さんは連携してイキイキ働いていますか?

    leader_man
    目の前の問題は、自分を成長させるためのものです
    システム思考経営で前にすすみましょう

    1.目的

    一人ひとりが個性を出してイキイキ働く職場づくり

    2.現状

    ・一騎通貫の仕事の流れ(誰が何をやっているのかわからない、バラバラ)

    ・仕事は見て覚える、仕事は盗んで自分のものにする習慣

    ・人が入ってこない又は長続きしない
    3.問題点(障害になるもの)

    ・グループにもなっていない

    未グループ・グループ・チーム

    3つの分類

    ①未グループ
    3人いるけれど、2.5人分の成果を出している人の集まり
    一人前の作業が出来る人が2人、半人前の作業が出来る人(新人や経験が少ない人)

    ②グループ
    3人分の成果を出している人の集まり
    各メンバーの成果の総和がグループ全体の成果となることを前提とした人々の集まり

    ③チーム
    3人を超える成果を出している人の集まり
    各メンバーの成果の総和を超える成果をチーム全体で出すことを前提とした人々の集まり
    4.課題点(考えらえる点)

    ・分業制(役割と仕組みづくり)

     役割はどこまでするのか?
     どんな仕組みをつくっておくのか?
     どこからどこまではあなたの仕事ですよという分担
     というのがカタチとして構造が必要
     ※社員さんはその都度、その都度に仕事の流れによって、自分を使い分けることはできないので
     あなたはここから、ここまでの仕事をやってくださいとお願いするという分担、仕組づくりが必要であります。

    ・4つの共有

     ①目的の共有
     何のためにやっているのか?経営理念から作業、到達点の目的まで一貫性を持つ

     ②情報の共有
     今の現場(作業)状況の情報共有。次の工程、明日の準備などの段取りを目で見える情報として共有。経験の浅い人もベテランの人も必要。

     ③進捗共有
     作業進捗状況の情報共有。これから先、いままでこう来たから、ここがある。これから先はこうなっていくという進捗の確認

     ④成果の共有
     この仕事が完成したらどれだけの売上、粗利益が確保できるのかの情報共有
     ①~④を書き出して文字化して社員さんみんなで共有。

    ・未グループ段階からグループの段階へ

     ①お仕事の流れ(作業到達点)

     ②業務分担、関係フロー

     ③大・中・小項目リスト

    ・グループ段階からチーム段階へ

     ①先輩の智慧

     ②個性の発揮、使命を果たす

     ③持って生まれた能力

     チームづくりへの取り組みはこちら