成長するための原因づくり(準備の大切さ)

2016年05月05日

    勘くん
    この間は、業績アップ3つの循環を学びましたが、循環ってもとに帰ってくることですよね。戻ることが成長になるのでしょうか?

    先輩
    おもしろいところに疑問を持ちましたね。戻ってくるまでの間に、どれだけの原因と結果を積むかが大事です。

    勘くん
     ?

    先輩
    例えば、P(計画)→D(実行)→C(検証)→A(改善)は聞いたことありますか。

    勘くん
    はい!

    先輩
    経営理念や目的を持っている会社や人は、常に目的に向かってPDCAをやっています。

    勘くん
     あっ、また経営理念、まだまとまってないんだよね・・・

    先輩
    なにか言いましたか?

    勘くん
     いえ、何もありません、何も言ってません、先を聞かせてください!

    先輩
    はい、検証して改善することがわかったから(改善の結果)、計画ができますよね(計画の原因)。PDCAはそれぞれ、原因づくりと結果が繰り返し連鎖していることがわかるでしょう。

    勘くん
     なるほど、だから、常に今が、「原因づくり」だと言うことなんだ。

    先輩
    つまり、原因づくりは、準備。準備にやり過ぎることはないし、ムダな準備はありません。

    勘くん
     聞いて、考えて、やってみて、チェックして、今の問題点を把握して、今の持っている範囲で変えられる課題点を書き出して、改善していく!ですね。

    先輩
    そうして一巡して戻ってくると、少しだけ成長して上昇する。下の図を見てごらん。

    勘くん
    ほんとだ、だかららせん状に進化成長してるんだ。

    先輩
    どれくらい循環できるかは、どれだけの原因づくり、つまり準備ができるかにかかっていますよ、勘君。

    勘くん
    はい、準備八割!

    成長とらせん状

    ・PDCAは、
    改善の結果は、計画の原因。
    計画の結果は、実行の原因。
    実行の結果は、検証の原因。
    検証の結果は、改善の原因。の循環(左の図)
    ・PDCAは、すべて準備。今はすべて原因づくり。
    ・循環してもとに戻るとき(左の図上部)、成長して少し上昇してらせん状になる(右の図上部)
    ※会社の経営理念、個人の目的を掲げて、能力にスイッチが入り、まわりとつながり、PDCAが機能すると成長して上昇していく。