業績アップとは

2017年04月09日

    【業績アップとは】

    ●業績アップ(向上)とは

    ・経営の成果が過去に比べて良くなること(比較対象として前年、四半期、先月など)

    ・成長、進化していること

    ・経営の密度が高まっていること

    ※業績アップと売上アップは違う

    ●業績アップの状態

    ・売上額はそのままで、粗利益額、営業利益額がアップしている

    ・売上額がアップし、粗利益率、営業利益率がアップしている

    ●業績のいい会社 状態

    ・経営理念があって、向かっている
    ・独自化が進んでいる
    ・絶えず変化して、進化成長している
    ・社員さんが、いきいき働き、社風が良いと感じられる
    ・社長が元気で前向き
    ・お客様や関係する会社の質がよいと感じられる
    ・会社の評判が良い
    ・営業・経常利益が黒字

    業績のいい会社

    ●業績アップへの取組み手順(利益の構造づくり)

    1.変動費削減(改善)し、粗利益をアップ

    2.固定費削減(改善)し、営業利益をアップ

    3.売上アップに手を付けて、独自化をすすめる

    業績のいい会社の手順 (1)

    ●業績アップへの取組み

    ・改善活動Ⅰ(変動費、固定費の削減改善)
      現状かかっている金額予定と改善後の金額予定、実施後の金額
      業務の構造(関係フローの改善)

    ・改善活動2(独自化をすすめ方(伝え方)改善)
      顧客管理、告知、受付数、受注失注、売上金額と粗利金額、率
      営業循環の構造(営業循環図の改善)  

    ・人材育成
      生成化育の価値観とチームづくり、役立って儲ける(粗利づくり)

    ・管理会計
      目標数字の策定、目標数字活動報告書、日額表、先行管理表

    ・業績のいい会社を実現していくためには、さまざまな手を同時に打ちながら経営をおこないます

    原因と結果がつながる手順を踏むことで、自然に循環が生まれ、業績のいい会社に育っていきます

     

    自然循環ループ 2017.5.25 色付き