業績アップのあり方とやり方

2019年01月14日

    売上アップと業績アップは目的が異なります。

    ・売上アップの目的は、売上を上げること。

    ・業績アップの目的は、人が幸せになること。

    でした。

    業績のいい会社になって幸せを得るには、

    「あり方」と「やり方」が必要になります。

    「あり方」とは、

    私は、こんなことをしたい!こんな生き方をしたい!

    という感じでしょうか。

    「やり方」は、

    だから、こんなふうに役立って、儲けていく!

    食いぶちをまかえるから、あり方がすすめられ、成長していける。

    天文学的な確率で生まれてこれた、この命を何にかけて生きていくか、

    まわりから与えられた恩にどう報いていくのか。

    そのような「あり方」と「やり方」が反映しながらの商売が良いなと思います。

    ちえじんの教科書では、「あり方」と「やり方」を循環させながら、

    人が幸せになることを目的にした商いを生成化育の経営として、

    同じ価値観の人たちと勉強をしています。

    「あり方」と「やり方」は、気づいていく人と気づかないでいく人がいます。

    気づきはじめたら違いがわかるように図にしてみました。

    自分たちの「あり方」と「やり方」があって、「お客さま」があります。

    まわりは世間、社会という一つのイメージで描いています。

     

    ①の図は、やり方が中心の商いです。

    ①やり方が中心

    どうやって儲けるか?が一番の関心ごと。

    今は何が売れる?、これから何が売れるのか?

    他社との差別化はどうするのか?

    誰が売ろうと、売れれば良いので人はあまり関係せず、

    「あり方」は、からっぽで破線です。

    売上アップに知恵を絞り、実践して、

    お客さまの心情と売り方を循環させています。

     

    ②の図は、あり方が中心です。

    ②あり方が中心

    想いや理想が先走ってしまい、あり方を深めることもないので、

    やり方(役立って儲ける)にかみ合わず、浮き草のようにふわふわと、地に足がついていない状態です。

    「やり方」は取り組まないので、からっぽで破線になり、世間やお客さままで届きません。

     

     

    ③の図は、あり方とやり方の両輪です。

    ③あり方とやり方

    あり方を反映したやり方(儲け方)で成長しながら役立って世の中に貢献していきます。

    「あり方」に集まった人たちが持っているものを「やり方」で磨くから、

    どんどん仲間が増え、影響力が大きくなり、お客さまも巻き込んでいきます。

    「あり方」も「やり方」も詰まっていて、まわりと絡み合っています。

    この③の図がちえじんの教科書が求めているものです。

    今の自分たちの商いは、①②③のどれでしょうか?

    ひょっとして、今が①や②だから上手くいっていないような気がするとか、

    なんだからしっくりいっていないとか・・・

    ③がいいなぁと思ったら、「気づき」の入り口部分まで来ているように思います。

    「気づく」ということは、自己に気づいて、生きていくこと。

    自分の生きる道を明らかにして実現していく人は、

    自分の持っているもので、まわりの人を喜ばせ、

    物心両面の幸せを得て、自分のための人生を歩いていきます。

    そのために、「あり方」と「やり方」を磨いていきましょう。

    「あり方」は、

    素直、謙虚、感謝の気持ちを持つことで、

    これまでを振り返り、

    自分の役割、果たす目的、

    持って生まれて能力、

    まわりから育てられて経験から身についた能力に

    気づいていきます。

    自分が心の底からやりたいと思うこと、

    そのために出会っていきたい人などを明らかにし、

    信念、経営理念、芯棒、時間軸に書き出し、

    やり方に反映して実践していきます。

    自分が失敗するたびに何度でも書きなすことが、

    とても大切な作業になります。

    「やり方」は、

    あり方を利益に変えていきます。

    自分たちの強み、ぴったりのお客さまはどんな人か・・・

    はっきりとさせながら、

    自分たちの食いぶち(固定費)はいくらか?

    まわりに役立ってお金がいただける本業はなにか?

    稼げる力(粗利益率)はどれほどか?

    を把握してまかなえるだけの売上はいくら必要か?

    本業で残すお金(営業利益)はいくらにするのか?

    を決めて目標数字を策定し、

    目標数字に向けて業績アップの手順を踏んでいきます。

    目標に向かって力を出すから、

    それぞれが持つ潜在能力が引き出され、

    成長すると成果が現れます。

    これまでが、①のやり方が中心だったり、②のあり方に偏っていた場合は、

    簡単にはすすみませんし、時間がかかります。

    しかし③のあり方とやり方は、恩に報いる経営ですから、

    日々やるべきことを余すことなくおこなっていると、

    応援者が現れ、縁と月日のなかで成就していきます。

     

    生成化育の経営が経済の主流となり、
    中小企業に物心両面の幸せがもたらされますように
    業績アップの取り組みはこちら