業績アップの循環 親密を深める

2016年09月10日

    複雑な時代になったので、一足飛びに思うような結果はでなくなりました。土を耕し、種を蒔き、水をやり、日を浴びて、肥料を与えて、芽が出て、育って実がなっていきます。
    経営も同じように原因と結果をつないでいきたいですね。

    システム思考経営では、経営の構造を
    1.本業
    2.営業循環
    3.お問合せづくりの支流
    に分けて、売り込まず(売込み不要=マーケティング)、仕事が循環していく仕組みを学んで実践していきます。

    %e5%96%b6%e6%a5%ad%e5%be%aa%e7%92%b0%e5%9b%b3

    今回は、営業循環図・右の円を見ていきましょう。

     価値の表明からはじまって、受注契約まで、
    シナリオづくりが大切です。

    宣伝や営業をしたら、
    一足飛びに注文がくる短絡的なことはありません。

    まずは、親密を深めることからはじまります(右の緑円)

    図から手順をみていきましょう

    1.告知(価値の表明)をするこで、
    興味を持っていただけるお客さんが現れます。

    2.興味を持っていただくことで、
    参加(会う)していただけます。

    3.参加(会う)ことで、
    会話していただけます。

    4.会話をすることで、
    信用していただけます。

    1~4をおこなうことで、お互いが価値観の確認をおこないます。
    地域密着、顧客密着で人と関わりを持つお仕事は、
    価値観の会うお客さんづくりがとても大切になります。

    1~4は、自然におこなわれる原因と結果のつながりだと気づいて
    もらえると嬉しいです。
    自然なつながりですから、すっ飛ばしたら成果までたどり着きません。

    気をつけることは、
    「やり方にこだわるのでなく、在り方が大事」
    ということです。

    告知の方法や手段、集客イベントネタなどを探すのではなく、
    親密を深める(右の円)の在り方から取り組むことです。
    ・自分たちの価値観は?
    ・どんなお客さんと出会いたいのか?
    ・会いたいお客さんはどこにいるのか?
    ・お客さんとどんな関係になりたいのか?
    ・自分たちの店、会社はどんな風に見えればいいのか?
    などなど
    在り方を決めてから、やり方を選んでおこないたいですね。