業績アップの手順がわかると独自化がすすむ

2019年01月03日

    損益図は営業利益を残すために欠かせないものだと

    勉強しました。(復習はこちらのページ

    損益図のなかにある「売上」「粗利益」「固定費」には、

    意味と目的がありました。

    ・「売上」は粗利益を得るためにある

    ・「粗利益」は固定費をまかなうためにある

    ・「固定費」は売上を得るためにある

    意味と目的

    自分たちの食いぶち(固定費)をまかなうために、

    全員で固定費を満たす粗利益をつくらなければなりません。

    2つの利益

    損益図のなかに2つの利益があります。

    粗利益(売上総利益)と営業利益の場所を確認しておきましょう。

    2つの利益 粗利益と営業利益

    営業利益を残すためには、利益の源である粗利益を増やす必要があります。

    社会、会社は生きものですから、つねに変化しています。

    業績アップは、会社という器のなかで人が成長して、

    本業でまわりに喜んでいただくと利益を得られます。

    「役立つ=儲ける」を両立していることが大事。

    そのために自らで変化を恐れない、変わり続ける会社づくりために、

    利益には最大限の関心を持って業績アップに取り組んでください。

    それが幸せを自らで掴んでいくことになりますから。

    ※ここでは、5つの利益のうち粗利益と営業利益を勉強しています

    業績アップの手順

    一番目に何をするの?と聞かれたら、

    『粗利益を増やすために変動費(仕入れ、外注)を削減(改善)する』

    と答えてください。

    これはたんに仕入れ、外注さんに値切ったり、いつも一番安価なところから、

    購入するということではありません。

    まずは自分たちの作業を常に見直し、情勢を知り、社風を変えていくこと。

    それが協力会社さんにも改善を促し、お互いに生き残っていくことになります。

    一番目
    二番目に何をするの?と聞かれたら、

    『営業利益を増やすために固定費を削減(改善)する』

    と答えてください。

    これは人件費、給料を下げるということではありません。

    ムダなモノはないか?段取りよくできないか?他に方法はないのか?

    もっと楽しくできないか、生き生きと働けないか?など

    モノのムダ、思考や心のムダを整理整頓して、体質改善すること。

    二番目

    三番目に何をするの?と聞かれたら、

    『売上を増やしにいきます(独自化をすすめる)』

    と答えてください。

    変動費、固定費の削減(改善)で、社風が変わり、体質改善することで、

    自分たちらしさが出てきて会社の独自化になっています。

    自分たちを求めるお客さまと出会う機会をつくりにいくことで、

    役立って喜んでいただけ、売上、粗利益が増えていきます。

    三番目

    業績アップは削減(改善)がベース

    業績がいい会社になってくると、

    一番目、二番目、三番目を同時におこなっています。

    業績アップの手順 横

    まわりの環境は日々刻々変化していますから、

    順応していくためには、

    自らで変えていくことがとても大切になります。

    人は放っておくとすぐに踊り場をつくって立ち止まったり、

    美味しそうな話につられて道から外れてしまったり。

    そうならないように、変動費、固定費の削減(改善)を続けます。

    業績アップは社員さんが主役ですから、

    削減(改善)活動が、みなさんに気づきを与え、

    ひとりひとりの持って生まれた能力と経験が反映して、

    その会社の独自化になっていきます。

    生成化育の経営が経済の主流となり、
    中小企業に物心両面の幸せがもたらされますように

    業績アップの取り組みはこちら