業績アップは自然発生的に売上利益をもたらす

2017年05月10日

    毎日ワクワク楽しんでますか?

    ありがとう きらきら

     

    お客さんから「ありがとう、またお願いね」をもらえる仕事が人を育てています

    勘くん
    売上アップと業績アップが違うって初めて知ったわ

    勘子ちゃん
    やり方も成果もぜんぜん違うみたいやね・・・

    勘くん
    業績アップの役立って儲けるがめちゃくちゃええ感じ!

    勘子ちゃん
    うちの会社も社員さんが楽しんで、いきいき働く会社にしたいわ!

    勘くん
    やっぱり地域密着店は、売上アップより、業績アップやなぁ

    勘子ちゃん
    智慧人さんからから教えてもらったことがあるねん、ええ話やったから紹介するね

     

    私たちは地域に根ざした経営、

    「地域密着」「顧客密着」「個別密着」を目指しています。

    人として、経営者として地域に根ざす事を生業とする事に尽きると思います。

    「地域のためになくてはならない存在でありたい」という思いがあります。

    私たちが十分に満足できる売上とは、利益とはいったいいくらでしょうか?

    必要な売上や、利益を求めるために、

    社長が発破をかけ、社員さんが仕事に追われ、残業で疲れ、

    お客さまにリフォームの商品の購入を半ば強制的にすすめる・・・・

    そんなやり方で感動のエピソードは生まれるでしょうか?

    数字に追われ、その数値目標を達成することばっかりだと

    お客さんから聞き取るための会話も不十分、

    お客さんの気持ちをくみ取ることも不十分、

    最もベストな提案をする時間も作れない・・・

    そんな追われた日常で感動のエピソードは生まれるでしょうか?

    移動するために時間を取られ、

    朝早くから遅くまで、めい一杯働いているのに能率が上がらない・・・

    みんな一生懸命働いているの目標達成ができない・・・

    一生懸命をどのように活用すれば感動のエピソードが生まれるのでしょうか?

    売上や利益目標達成のために人を増やしますか?

    時間延長で営業をしますか?

    お客さまに強制的に売りますか?

    安売りを決行しますか?

    チラシをばらまきますか?

    仕事の品質を落としますか?

    業者さんに無理をさせますか?

    値引きをして受注を急ぎますか?

    よ~く、考えてください

    実践すべきことは、

    月間売上目標 ○○○万円達成の決起集会ではありません!

    直ちに実践すべきは、

    お客さんからの「感謝の言葉集め」○○○件達成の決起集会なのです。

    「良かった」の数

    「ありがとう」の数

    「助かったよ」の数

    「またお願いね」の数

    「しっかり儲けてよ」の数

    「すぐ集金に来て」の数

    「今度はあそこを直したいの」の数

    「そんな値段でいいの」の数

    などなど

    そして「ありがとう、またお願いね」と依頼されている姿・・・

    社員さん自身に意欲が沸き上がると思いますよ!

    感動のエピソードを社員さんが一丸となり、業者さんと創り上げる事です。

    それぞれの会社の特徴、強み、秀でたところ・・・

    我が社しかできない「感動自然発生社風」プロジェクトチームを立ち上げることです。

    独自化がドンドンすすんでいきます

    感動自然発生社風は、

    自然発生的利益=利益(幸せ)の自然発生をもたらします

    利益は我が社と社員さんとその家族、

    そして業者さんとその家族、更にはお客さんへの貢献にも必要なのです

     

    勘くん
    なるほど!業績アップは、自然発生的に売上利益がもたらされる!

    勘子ちゃん
    ねっ、ええでしょう

    勘くん
    まさに、自然に沿う生成化育のシステム思考経営!

    勘子ちゃん
    知れば知るほど、やることがいっぱい!ワクワクしてきたわ!