狩猟型とは

2017年05月14日

    【狩猟型】の経営

    ・生き残りについて
    相手の持っているものを奪い合うこと
    弱肉強食で強みものが生き残る
    勝ち組、負け組の発想

    ・考え方
    相手は敵であり、勝って倒して、奪うことで得る
    顧客と向き合って対峙している関係、契約を獲る、獲得することが目的

    顧客をお金として見ている、お客さまを客と呼び捨てる、顧客は獲物
    誰かをはめて負債を被らせて、まわりが利益を得ることを考えている
    顧客第一主義、社員は駒、兵隊であり、戦力として獲物を獲るためのスキルを習得
    (宣伝、販売促進、営業テクニック、売れる商材やフランチャイズなど借り物)

    お金を目的とした経営者のもとにお金を目的とした人(社員さん、協力会社、パートナー)が集まっては、離れ、集まりの連続

    自分よりも強い人から搾取されたら力不足を反省し、新たなテクニックを磨き、自分よりも弱い人を探して搾取し続ける

    狩猟型の例

    【農耕型】とは

    【農耕型でもなく狩猟型でない中途はんぱ