目標数字のつくり方②(業績アップの場合)

2019年01月29日

    目標数字を月別に落とし込んでいきましょう。

    目標数字のつくり方①で5つの年間目標数字をつくり方を知りました。

    ・残すお金(営業利益)

    ・売上額

    ・粗利益額(及び粗利益率)

    ・固定費

    ・変動費、固定費の削減額(及び削減率)

    算出方法に自信の無い方は、復習をお願いします

    例を見ながら進めていきましょう。

    A店というお店の数字を見てみましょう。
    A店の毎月の目標損益

    A店は、月に固定費が2,000,000円かかっています。

    粗利益率(稼ぐ力)は、50%。

    毎月の食いぶち(固定費)をまかなう月の売上(損益分岐点売上)は、

    2,000,000円÷0.5(50%)=4,000,000円になります。・・・①

    つまり、A店は、4,000,000円の売上を上げて、

    2,000,000円の食いぶち(固定費)をまかなわないと赤字になることがわかります。

    みんなで話し合って年間で残したいお金(営業利益)を2,400,000円としました。

    単純に12ヶ月で割ると1ヶ月に残すお金(営業利益)は200,000円。

    この残すお金(営業利益)200,000円をまかなう月の売上は、

    200,000円÷0.5(50%)=400,000円になります。・・・②

    A店は、1ヶ月に4,400,000円(①+②)の売上を得ることで、

    自分たちの食いぶち(固定費)2,000,000円と

    残すお金(営業利益)200,000円をつくることができます。

    A店の毎月の目標の損益図を確認してください。

    粗利益率と食いぶち(固定費)、残すお金(営業利益)が決まるから、

    目標の売上額が出てきます。

    このように目標は根拠(食いぶち、残すお金、粗利益率)を持ってつくってください。

    それと業績アップには欠かせない変動費、固定費の削減率は3%としました。

    ここからは、年間を数字を見て、月別に進みますから少し頭を切りかえてください。

    年間目標数字をまとめてみると以下のとおり算出されました。

    ・残すお金(営業利益)→2,400,000円

    ・売上額 →52,800,000円

    ・粗利益額(及び粗利益率)→26,400,000円(50%)

    ・固定費 →24,000,000円

    ・変動費、固定費の削減額(及び削減率)→1,584,000(3%)

    次に、この年間目標数字を月別に落とし込んでいきましょう。

    A店の年間目標数字を単純に12ケ月で割って、月別の表にしてみました。単位は千円です。

    月別例

    縦に月、横に売上額、粗利益額、固定費、営業利益としています。

    商売によって、季節の変動や需要時期などが関わってくるので、

    数字を調整してください。

    ここまで大丈夫ですか?

    次に月別の表をもう少し進化させていきましょう。

    A店の一ヶ月の目標売上額は、4,400,000円。目標粗利益額は、2,200,000円です。

    A店は、3つの商品(ア、イ、ウ)がありますから、商品別の目標を加えましょう。

    これまで実績やニーズ、この商品を伸ばしたいなどの思いもいれながら、

    例えば図(単位:千円)にもありますように、

    月別 商品別 年間計画表

    月のア商品(粗利益50%)の売上額を2,000,000円、粗利益額を1,000,000円。

    月のイ商品(粗利益60%)の売上額を1,500,000円、粗利益額を900,000円。

    月のウ商品(粗利益33.3%)の売上額を900,000円、粗利益額を300,000円。

    に設定しました。

    固定費や営業利益も商品別に分ける場合がありますが、ここでは分けずにすすめます。

    これで、何月に、何の売上がいくら得られて、そこからいくらの粗利益を得て、

    固定費(食いぶち)をまかない、いくらのお金を残すかのシミュレーションができました。

     

    このように目標数字、いわば未来の数字をシミュレーションすることは

    大切な作業になり、未来を模擬体験することで前にすすみます。

    シミュレーション作成時に、この計画が出来る出来ないとか、

    どうやってやろうかとかは、考えないことがルールです。

    前後際断(ぜんごさいだん)ですね。

    根拠を積み重ねて、今に集中して、社員さんを交えて作業に取り組みましょう。