相見積で逃したことをお客さんや他社のせいにしてませんか?

2017年11月04日

    狩猟型の人は、良い結果が出なかったら、人のせいにします。

    なぜ、買ってくれないのか、うちの良さをわからないんだ!

    客が悪いと言い捨て、次に自分を買ってくれる人を探しにいきます。

    農耕型の人は、思うような結果が出なかったら、

    自分の何が悪かったのか?

    何を改善しなきゃいけないと教えてもらっているのか?

    自分たちのやっていることに目を向け、改善し続けます。

    農耕型の人は、地域に根ざして生き残ろうとします。

    狩猟型の人は、売れる新規客を探して出店と退店を繰り返します。

     

    ●建築屋は建てっぱなし、やりっぱなしはアカン!

    ・地域密着店はOBさんからの売上が80~90%以上

    ・お客様が困った時に「思い出していただく」「頼りにされる会社」

    ・手間賃2,000円のまごころ工事で安心サポート

    ・修理修繕で固定費をまかないにいく

     
    ●人に寄り添うのが地域密着の建築屋

    ・地域を愛し、この地に永住されるお客様に寄り添う

    ・人に寄り添うと家族や子供の世代へ伝わっていく

    ・OBさん同士が仲良くなり、地域で広まっていく

    ・価値観のあうお客様とは報恩しあっている

     
    ●生き残り続ける経営をおこなう

    ・損益図の左側の今、与えられた売上のなかで右側の努力をおこなう

    天道と人道

    ・右側の削減(改善)を継続することで成長、変化、進化し続ける

    ・右側の出来ることを繰り返すことで、独自化がすすみすみ分けて生き残る