社員さんが作業を読める人に育つために

2017年09月26日

    作業を見積りできていますか?

    soroban_girl

    作業の流れと確認事項が出来ている人は見積りができます。

     

    ①仕事の準備(シュミレーション)は見積り

    ・やること(目的、目標)が決まったら、準備(シュミレーション)してとりかかる

    ・普段から、できごとが起こった時に意味や原因を考えておく

    ・自分たちが持っているもの、与えらえているものを把握していく

    ・自分たちの強み、特長を理解しておく

    ・準備は八割、本番二割(ムダな準備は無し)
    ②見積りは、ものごとを成り立たせるモノ、コトの集まり

    ・見積とは、作業の量、時間、期間、行動をお金に換算し、前もって概算(おおよその見積)すること

    ・モノとコトは、お仕事の流れ(シナリオ)に含まれている

     【お仕事の流れ】

     ①作業名
     ②内容
     ③到達点
     ④確認事項(大)
     ⑤確認明細(中)
     ⑥明細のワーク(小)
    ・シナリオは、計画を実現するための筋道

    ・目的、目標までの原因と結果のつながりを読む

    ・モノだけ並べてもシナリオ(流れ)は動かない

    ・一つ一つの作業の到達点を書いて、確認作業を重ねることで前に進む

    作業の到達点
    ③見積りは人を育てる教育ツール
    ・俺の背中を見て、学べはもう過去のもの(時間をかけてられない時代)

    ・経験の浅い人には見積りの事例を学んでもらう

    ・過去の見積データベースから作ってもらう

    ・経験者の頭のなかを見積りに表現して教える

    ・作業を分業化して読める人に育てていく

    ・人を育てることが人の役割(生成化育)