楽しく働いて利益が出る会社づくり~協働の自発性~

2017年04月27日

    社員さんは楽しんでますか?

    もじもじ

    社長はみんなが幸せになることをおこなうのが仕事

    システム思考経営の仲間は、
    社員さんが能力を発揮して、いきいき働く
    業績のいい会社経営をめざしています。

     

    1.社員さんが一番

    勘くん
    社員さんに思ったことがなかなか言えなくて・・・

    先輩
    勘くんは、自分が何から何まで指示できないとダメだと思ってませんか?

    勘くん
    はい、自分ができてないので指示が出来てません

    先輩
    リーダーのイメージは?

    勘くん
    社長がトップ営業マンでみんなを食べさせて引っ張っていくようなイメージがありますけど

    先輩
    複雑な時代になったから、ワンマン社長は少なくなっています

    勘くん
    そうなんですか?!

    先輩
    みんなが働きやすい環境をつくれる人のほうがいいんじゃないでしょうか

    勘くん
    僕にもできるでしょうか?

    先輩
    マネジメントの意味を知ってますか?

    勘くん
    管理とかそんな意味ですか?

    先輩
    ひとことで言うと、
    「人が幸せになることをおこなうこと」

    勘くん
    いい感じですね

    先輩
    勘くんは、社員さんひとりひとり、家族の幸せを想っていますか?

    勘くん
    まだまだかなぁ・・・

    先輩
    社員さんを1番大切にしてください、育んでください

    勘くん
    あっ、やっぱり生成化育ですね!

    先輩
    はい、自然に沿う経営ですから一番身近な社員さんを育て、勘くんも育ててもらいましょう

    2.業績アップは社員さんが主役

    勘くん
    なんだか元気が出てきました!

    先輩
    まだまだやることがありますよ

    勘くん
    ギクッ!どんなことですか?

    先輩
    経営理念、芯棒を掲げて社員さんに示してください

    勘くん
    それが、経営理念がなかなかまとまらなくて・・・

    先輩
    生みの苦しみですね、がんばってください

    勘くん
    芯棒って?

    先輩
    ・どんな人たちと、
    ・どんなお客様に対して、
    ・どんな影響力を発揮して、
    ・どんな成果・結果を作り、
    ・どんな事に貢献し続けていくか?

    勘くん
    あっ、そうでした!

    先輩
    思い出してくれましたね

    勘くん
    芯棒が出てくると役立って儲けるにつながります・・・

    先輩
    システム思考経営の
    自分史と根源シートに取り組みましょう

    勘くん
    はい・・・(汗;)

    先輩
    業績アップは社員さんが主役ですから芯棒をはっきりさせましょう

    勘くん
    主役ってどういう意味ですか?

    先輩
    業績アップの手順をおぼえてますか?

    勘くん
    はい、
    その1が変動費削減、粗利益UP
    その2が固定費削減、営業利益UP
    その3が売上アップで、独自化がすすむ
    です!

    スライド11

    先輩
    はい、正解です。それはだれが、どこでしますか?

    勘くん
    えっと・・社員さんが働く現場です

    先輩
    だから、社員さんに利益の構造づくりを勉強してもらわないと粗利が増えません

    勘くん
    ほんとそうです、また自分がやらないといけないと思い込んでます

    先輩
    みんなで利益づくりをするから協働の自発性が生まれてくるんですよ

    勘くん
    協働の自発性って?

    先輩
    同じ目的に向かって、
    目標を設定、共有し、
    それにチャレンジすることで、
    個性を発揮し成長していくことです

    勘くん
    成長を実感すると楽しくなります

    先輩
    算数教室で
    協働の自発性を引き出していきましょう

    3.仕事を楽しんでもらう

    勘くん
    勘違いしていることばっかりです!

    先輩
    社員さんに仕事を楽しんでもらってますか?

    勘くん
    なっ、なんですか急に!

    先輩
    楽しんで仕事をしてもらうには、
    絞り込みことが大事です

    勘くん
    どういうことですか?

    先輩
    社員さんはなんでもかんでもできません、
    あれもこれもお願いすると育ちません

    勘くん
    わかります

    先輩
    たとえば、 誰かれなくお客さんになってもらってはいけません

    勘くん
    合わない人もいます

    先輩
    勘くんの会社では、
    こんなお客さんがぴったりだと絞り込んでますか?

    勘くん
    ドキッ!

    先輩
    社員さんに、お願いする仕事も絞り込まれてきます

    勘くん
    なるほど・・・

    先輩
    そうすると持って生まれた能力が
    仕事を通じてスイッチが入り、
    楽しくなります

    勘くん
    絞り込むって大事なんですね

    先輩
    お客さんを絞り込むのはとくに大事ですよ

    勘くん
    それ、わかります。価値観の合わない人は大変です

    先輩
    自分たちの強みを買ってくれているお客さんに絞り込まないといけません

    勘くん
    それには自分たちがはっきりしないとダメですね

    先輩
    野球でいうと、「どストライクの基準」を
    社内で統一して共有しておくことです

    どストライク

    勘くん
    結局、同じ価値観の人たちがつながっているような感じがします

    先輩
    絞り込むと、自分の能力と通じやすくなって仕事が楽しくなります

     

    まとめ
    ・ワンマンな社長よりも、みんなが幸せになる仕組みづくり!
    ・1番が社員さん、2番が仕入れ外注さん、3番がお客さま
    ・社員さんが利益の構造を知って業績アップの主役に!
    ・社員さんの持って生まれた能力を仕事を通じてスイッチオン!
    ・社員さんにはどストライクを伝える(ターゲット顧客、仕事の絞り込み)

     

    楽しんで、役立って儲かる社員さん研修の案内