社員さんに仕事をしてますか?

2017年11月11日

    生成化育に気づいた社長さんの会社は、

    「経営者は社員さんに仕事をする、社員さんはお客様に仕事をする」でした。

    だから、経営者の一番の仕事は、社員さんを育てること。

    育てるってどんなこと?

    ・社員さんに楽しく作業してもらうこと

    ・やる気になってもらうこと

    ・出来ることを増やしてもらうこと

    ・気づきを増やしてもらうこと

    ・ほめられること

    ・お客様からありがとうをもらうこと

    ・みんなで一緒にやった成果をわかちあうこと

    などなど

    育つ職場、仕事の流れをこしらえるのが経営者の仕事。

    お客様からの要望を聞いたり、

    現場調査の約束をしたり、

    プランニング、見積りしたり・・・

    やったことを記録して、作業が進んでいくと実感があって、

    それが成果に結びつくととっても嬉しいですよね。

    建築屋の算数教室を習っただけなのに、

    目の前の作業で、改善に気づいてしまう・・・

    そりゃ、楽しくなります。

    変・固定費削減(改善)が出てきたら、ほめてあげてください。

    「よく気づいたなぁ~」

    ほめる人には人が集まってきます、助けてくれます。

    (社員さんにどんどん助けてもらいましょう)

    作業を記録、入力した管理表(53週、日額、先行管理表)は、

    日頃の作業を反映させて、気づいてもらい、ほめるためのもの。

    社員さんの成長ツールなんですね。

    気づいたコトはその人のものだから、その分成長してるってこと。

    社員さんからの改善で、業務の流れを変えていきましょう。

    独自化がすすみますね。