社員さんに自分たちの幸せのためだと気づいてもらう

2017年05月19日

    社員さんがやる気になって、欲をだしてもらう

     

    1.だれのためにやってるねん!?

    なんででけへんねん!

    何回言うたらわかってくれるん!?

    やる気あんの?

    社員さんらで意見まとめて、出してみたら?

    社員さんに自分のイライラをどんどん迫って、

    押し付けていくから社員さんがわからんようになる

     

    2.食い違い

    生成化育の経営(システム思考経営)わかっている経営者は、

    事務所をきれいする、みんなでパソコン使って作業をする、

    事前に話し合って、会議で決める・・・

    会社のためやないで、あんたらの幸せのためやで。

    だから、こんなことをやり始めているんやで。

    ということを伝えて、伝わらないとアカン。

    なぜ、駐車場の草引きをしているのか?

    なぜ、車の枠の線引きを入れているのか?

    それがあんたらの幸せにつながる、イコールなんやで。

    それがわかって動かないと滑ってしまう。

     

    3.やる気と欲がでてくる

    あんたらがやっていることは、

    会社のためにでもなく、お客さんのためでもなく、

    自分磨き、自分が幸せになるための動きなんやで。

    毎朝、唱和している経営理念を落とすと、

    このことが、あんたらの幸せに第一歩やねんでと伝える

    伝わったら、やる気が出てきて、欲も出てくる

    もっと良くしよう、会社を良く見せよう・・・

    やっていることが、すべてつながっている

    地域密着、顧客密着を生業にする会社さんは、原因と結果がわかる人が育つ・・・

    協働の自発性が生まれてくるんやなぁ、自然発生風に
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    人と自然に寄り添う、システム思考経営の伝承
    一般社団法人 ちえじんの教科書
    代表 星川真一郎