管理会計と日額とは

2017年06月12日

    年間の目標数字を

    「自分たちの食いぶち(固定費)÷稼ぐ力(粗利率)+剰余金」で出します。

    年間の目標数字を達成するためには、

    『目標を細分化すること』です。

    細分化その1、年間目標数字を日額まで落とし込む

    細分化その2、変動費をはっきりさせる

    ●その1、年間目標数字を日額まで落とし込む

    日額ルール うどん (1)

    年間目標数字(売上、粗利)が、

    ・売上額10,800,000円

    ・変動費 3,600,000円

    ・粗利額 7,200,000円(粗利率66.6%)

    のうどん屋さんの場合、

    一日に100杯売れることが必要になります

    日額目標数字(売上、粗利)

    ・売上額30,000円

    ・変動費10,000円

    ・粗利額20,000円(粗利率66.6%)

    一日100杯のうどんを売るためにどうするかになります。

    ●その2、変動費をはっきりさせる

    また、うどん一杯あたりの売上に対して、

    変動費(仕入れ、外注)細かくしていきます。

    一杯300円のうどんの売上のなかは、

    ・変動費100円

    ・粗利額200円(粗利率66.6%)

    があります。

    粗利額を確定させるためにも、変動費を細分化して

    固めていくことが必要です。
    その1の日額、その2の変動費を詰めてはっきりさせることで、

    粗利が固まり、年間目標数字の達成に近づいていきます。

    このように管理会計は、自分たちの出来ることに汗をかくことが大事です