粗利益をきちんともらってますか?

2017年11月05日

    業者さんの見積りに利益を乗せる感覚だと間違っているかも!?

    確認してみましょう

    では、質問です

    ペンキ屋さんから900,000円の塗装工事の見積りがきました。

    会社の平均粗利益率は30%だとしたら、請負金額はいくらですか?

    請負金額は、900,000円÷0.7=1,285,714円ですね。

    ところが、900,000円に乗せる感覚だと、

    900,000円に1.3をかけて計算してしまいがちです。

    900,000円×1.3=1,170,000円

    これだと粗利益額は、

    1,170,000円-900,000円=270,000円

    270,000円は900,000円の30%なのです。

    利益を乗せる発想ではなく、

    請負金額の割り振りとして、

    自社が30%、ペンキ屋さんが70%と考えましょう。

    塗装工事 粗利益30%の請負金額

    ◆◆◆◆◆

    念のため、復習しておきます。

    自社の粗利額が30%必要ならば、

    塗装工事見積りの900,000円に

    1.3を掛けるのではなく、0.7で割ることで、

    塗装工事の見積り900,000円が70%、

    自社の粗利益が30%、

    請負金額100%が割り戻されて出てきます。

    900,000円÷0.7=1,285,714円

    ※ややこしく考えないで丸暗記がおススメ!

    その100%の請負金額(1,285,714円)から

    塗装工事の見積り額900,000円(70%)を引くと、

    自社の30%粗利益額(385,714円)が出てくるわけです。

    一つ一つの案件の粗利益率をしっかり管理しましょう。

    このように研修では、

    地域密着の仲間と一緒に建築屋の算数教室を学んでいます。