経営の語源 ~語源を知れば、在り方がわかる~

2014年12月20日

    経営とは、

    世の中が良くなるための一員として、

    その会社やお店が、与えられている役割と果たすべき目的に向かい、

    ぴったり合う「場(範囲)」で事業をおこなっていくこと。

    独自化がすすみ、成長、変化、進化し続け、

    すみ分けが起こり、生き残り続けて、やがて老舗になっていきます。
    経営の語源を調べてみると、

    「経之営之=これを経しこれを営す」 (読み方:これを. けいしこれをえいす)

    紀元前八世紀、周の国の詩人が、「祖先文王が霊台という祭壇を築いて、建国のシンボルとしたことを追想して霊台を経始し、これを経しこれを営す。庶民これをおさめ、日ならずして成る」と謳っているらしい。土木工事や建築を始める際、まず経と営という作業を行ったというのである。〔詩経・大雅・霊台〕

    とあります。

    建物を建てていくプロセスからきているようです。

    「経」とは、土木工事や建築に取りかかる際に、まず杭を立て、

    その間に縄をピーンと張り、削る所や掘る部分、支柱の位置などの予定をつけること。

    まさに、役割や持って生まれた能力を基礎に、経験などを加えて、目的に向かって柱を立てていくようなもの。

    「営」とは、工事の初めに、外枠に縄を張りめぐらして杭を打ち込み、全体の大きさ、規模を定めること。

    まさに、ぴったりな場(範囲)、つまり事業領域や対象とする地域や業種業態、お客さんの層のこと。
    中小規模の会社やお店に、

    今後、経営がますます必要になってきています。

    今までのように仕事が流れてくるような時代ではなく、

    自分たちの強みや秀でているところを知って、

    お客さんにアピールして、

    それを必要とする相性が合うお客さんと出会って、

    仕事を通じて、お互いが成長し合い、

    お役に立って儲ける経営をしていきましょう。

     

    取り組み方へ