経営理念に向かう施策

2017年06月22日

    その施策は、経営理念にあってますか?

    芋づる式

    大きな目的(経営理念)にあってると施策が芋づる式に出てきます

    目的にほんとうにあっているのか?自分のわがままではないか?を検証しましょう

     

    1.次の一手

    勘くん
    看板と設備を新しくしようと考えています

    先輩
    目的はなんですか?

    勘くん
    ギクッ、目的ですか・・・

    先輩
    ひょっとして新規客を見込んでいますか?

    勘くん
    ギクッ!

    先輩
    地域密着、顧客密着、個別密着の生業は、今のお客さんからひろがっていきます

    勘くん
    業績が安定してきたので、
    少し高単価の商品を売ろうと思いまして・・・

    先輩
    社員さんも頑張ってくれてますよね

    勘くん
    はい、利益の構造に取り組んでくれてます

    先輩
    経営者として少し余裕がでてきたら、隙間が出始めます

     

    2.大きな目的

    勘くん
    隙間ですか?

    先輩
    そのそのときに次の一手を打つことを考えます

    勘くん
    はい、考えています

    先輩
    そのときに自分たちが決めた経営理念に向かっているかどうか?

    勘くん
    なるほど

    先輩
    経営理念に向かっているかどうか。
    これが一番だと思います、もの凄い分かれ目です。

    勘くん
    そこまで思っていませんでした

    先輩
    何を施策するにしても、目的があります。

    勘くん
    はい、経営理念は大きな目的です

    先輩
    経営理念から準じた目的なのかどうか?

    勘くん
    はい

    先輩
    設備のこと、人財の採用、営業のこと、商品のこと・・・すべてに理念が立っていますから、そこへちゃんと入っているかどうか。検証しなければなりません。

    勘くん
    思い出しました
    何がやりたいか、どうなりたいか!でした

    先輩
    はい、そうです

    勘くん
    芯棒をはっきりさせると芋ずる式に沸いてくるんですね

    芋ずる式

    先輩
    無理やり考えたり、人のまねをしなくてもいいです

     

    3.なりたい姿へ向かう

    勘くん
    自然に沸いてきたり、降ってくるんだぁ

    先輩
    経営理念と違う施策で、たとえ新規が獲れてもダメなんです

    勘くん
    なんだかわかります

    先輩
    それは施策にはなりません、たまたまの話。

    勘くん
    はい

    先輩
    将来自分がこうなりたいという経営理念に向かいつつ、施策どおりに歩んでいくことです

    勘くん
    自分の道を歩いていきたいです

    先輩
    そのための一手、一手を打っているんだ!と自分で納得しないといけません。

    勘くん
    経営理念と照らしあわせて納得していきます

    先輩
    勉強会をはじめた時と今の悩みは違うと思います

    勘くん
    はい、いつも悩みは追っかけてくるような気がします

    先輩
    そのときに大事なのは自分の経営理念です

    勘くん
    ほんと大事ですね

    先輩
    ほんとに自分はそっちへ向いてやっているかどうか?
    自分の私心ばっかりがはいっていないかどうか?

    勘くん
    判断を誤らないように戻るんですね

    先輩
    経営理念は変わっても構いませんから、今の経営理念はこれっていうものを絶対に持っておいてください、でないと間違います

     

    まとめ
    ・次の一手は、掲げている経営理念とあっていますか?
    ・将来こうなりたいに向かいつつ、施策どおりに歩むこと

    ・常に出てくる悩みに対して経営理念を持っておくこと