経営理念は、究極の目的

2017年05月23日

    自分の真の欲求に気づくと道が見えてくる

    道

     

    1.削減(改善)を徹底することが真の欲求に気づく

    自然のまま、素朴な自分を見ることが必要だと思う

    なぜなら、生まれてきた役割、果たすべき目的があることに気づき始めるから

    それまでは、いろんな誘惑に囲まれて、余計な欲(金欲、名誉欲、性欲・・)が

    まとわりついて本当の目的の真の欲求をわからなくしている

    時間はかかるけれど、これじゃいかん!、なぜ上手くいかないのか?・・・

    悩み考えるなかで、気づき始める

    その間に遠回りして得る体験、経験が貴重な準備だと思う

    気づき始めたら、目的がおぼろげにわかりはじめるから、

    いらないものが見えだし、

    変動費削減(改善)、固定費削減(改善)がはじまる

    徹底して削減(改善)することで真の欲求に気づいていく

    2.経営理念の正体は真の欲求

    自分の信念から、経営理念が出てくる

    自分たちが、世間さまにどう恩返し、役立つかの経営理念が高まっていく

    価値観が似たような人たちが、一つ経営理念に集まり、

    それぞれの持って生まれた能力を発揮し、スイッチを入れながら、

    組織が高まっていく

    経営理念の正体は真の欲求、目的だと思う

    経営は、目的に向かって(経)、どの範囲、事業領域(営)で、

    恩返し、役立つ活動をするかの意味

    3.業績アップは自己実現へ導く正しい行為

    真の欲求(経営理念)が見えてくるとすべてがつながり、

    芋ずる式にあらゆることが明らかになっていく・・・

    自然な姿での自己実現が究極の目的になり、

    そこへ向かう正しい活動(行為)が業績アップだと思う

    だから、

    その1が、変動費削減(改善)

    その2が、固定費削減(改善)

    その3が、独自化(自己実現)がすすみ、売上アップ

    という業績アップの手順で、役立って儲けるにつながると思う

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    人と自然に寄り添う、システム思考経営の伝承
    一般社団法人 ちえじんの教科書
    代表 星川真一郎