赤字体質から、自分らしい経営の体質に変えていくために

2017年05月01日

    狩猟型、農耕型のどちらか、はっきりしていますか?

    メタボ

    タイプが決まれば体質改善がすすみます

    システム思考経営の仲間は、育みあう農耕果樹園型を選択して、お互いに切磋琢磨しあい業績アップしています

     

    1.売上UPと業績UPの違い

    勘くん
    赤字なので新規客の売上が欲しいんです
    業績UPの手順を教えてください!

    先輩
    売上UPと業績UPは違います

    勘くん
    違うんですか!?

    先輩
    売上UPは、売上を上げること、
    つまり集客や単価を上げることで、売上UPして儲けること

    勘くん
    なるほど

    先輩
    売り込んでいくから、お客さんをハンターする狩猟型

    勘くん
    常に新規客を追いかけて一見さん狙いですね

    先輩
    業績UPは、人が成長して、役立って儲けること

    勘くん
    なるほど

    先輩
    社員さん、お客さんみんなが成長して得意なことを分け合う農耕果樹園型

    勘くん
    お互い成長していくからずっとのおつきあいですね

    先輩
    売上UPは、新たに固定費を使って売上UPをおこなうから利益が残りにくいです

    勘くん
    チラシ、ホームページ、営業ノウハウなどで新たな切り口づくりで顧客獲得ですね!

    先輩
    業績UPは、今ある固定費の体質を変えていくから時間がかかります

    勘くん
    今、与えられているものを活かすということですかぁ・・・地味っぽいです

    先輩
    売上UPと業績UPは、目的も内容も違います
    派手さと地味さも違うのかな(笑)

     

    2.一番大事なもの

    勘くん
    売上UPを選ぶなら、狩猟型タイプ、
    業績UPを選ぶなら、農耕型タイプ、
    だとわかりました

    先輩
    売上UP(狩猟型)は、お客さんが一番です

    勘くん
    はい!

    先輩
    売上が目的だから、お金がもらえるお客さんがいればいいんです

    勘くん
    たしかに・・・

    先輩
    業績UP(農耕型)は、社員さんが一番です

    勘くん
    えっ、お客さんが一番じゃないんですか!?

    先輩
    はい、社員さんが一番、仕入れ外注さんが二番、お客さんは三番です

    勘くん
    なんでもかんでも顧客第一、お客さまは神様だと思ってました

    先輩
    業績UP(農耕型)の会社さんは、社員さんの幸せを一番に考えています。
    経営者さんは社員に仕事をして、社員さんはお客さんに仕事をしていますよ

    勘くん
    一番大事にしているものが違うんですね

    先輩
    社員さんを売上UPの道具としてマンパワーを使うのか
    社員さんの個性、能力を引き出してチームで活かしてもらうのか

    勘くん
    マンパワーのある人は売上UP(狩猟型)のほうがよさそうです

    先輩
    マンパワー頼みは、その人がいなくなれば事業が終わりますから注意してください

     

    3.贅肉をとって体質改善(業績UP(農耕型))

    勘くん
    事業を続けることが大事です

    先輩
    先々のことを考えて今があり、継承していくのが業績UP(農耕型)の特長です

    勘くん
    売上UP(狩猟型)は、売るものも、業態もどんどん変わっていく感じがします
    市場を移り変わっていくというか・・・

    先輩
    成果は「売れればいい」ですからね
    売るにはパワーがいります。
    売上UPをするには、どうしてもお客さんが関わるので、なかなかこちらの思うようにいきません

    勘くん
    はい、お客さんはなるべく安くて良いものを求めますから

    先輩
    だから、自分たちができることをやるのが業績UP(農耕型)です

    勘くん
    問題が起こったら、外に目を向けず、自社に目を向けて、原因を探り、改善していくということですね

    先輩
    そのとおりです、勘くんは業績UP(農耕型)タイプですね。

    勘くん
    ありがとうございます
    まだまだ売上UP(狩猟型)の体質が残っているので中途半端で苦しんでいます

    先輩
    どっちつかずですが、種はありますので垢と贅肉をとりましょう

    勘くん
    えっ、お風呂には毎日入っていますけど。
    ちょっと太り気味ではありますが・・・

    先輩
    そっちの垢と贅肉ではありません。
    あり方(経営理念、芯棒)は書けましたか?

    勘くん
    ギクッ(汗;)、もうちょっとです

    先輩
    あり方がはっきりして、得意なこと、楽しいことで、
    役立って儲けるがわかってくると、
    邪魔なものとか、無駄なこととかに気づいてきます

    勘くん
    はい、目的に向かって歩いている道で倒木のような障害物のことですね

    先輩
    はい、それを削減、改善していくことで体質が変わってきます

    勘くん
    こうしたい、なにがなんでもやりたい!あり方が大事なのがわかります。

    先輩
    売上UP(狩猟型)は、やり方を重視します
    業績UP(農耕型)は、あり方をやり方に反映させます

    スライド5

    勘くん
    売上UP(狩猟型)は、少し、短絡的な感じがします

    先輩
    ますます、複雑な時代になっていきますから短絡的は難しくなるような気がしています

    勘くん
    業績UP(農耕型)のあり方とやり方は、根拠を持って進んでいくような感じを持ちました

    先輩
    経営理念を根源に、すべてがつながっています

    勘くん
    違いがわかってきたような気がします

    先輩
    売上UP(狩猟型)か、業績UP(農耕型)か、タイプをはっきりさせていきましょう

     

    まとめ
    ・自分は狩猟型か、農耕型のタイプか決める
    ・自分のタイプの体質に変えていく
    ・売上アップは売上が目的、業績アップは人の成長が目的
    ・売上アップはお金が稼げるお客が一番、業績アップは社員さんが一番
    ・狩猟型はやり方重視、農耕型はあり方がやり方に反映