赤字体質から黒字体質へ変えていく手順

2017年05月02日

    今の割合(体質)を知ってますか? 
    売上がドッカーンと上がればいいなぁと思ってませんか?

    体重計

    現状の売上対比(割合)を知ることが改善の始まり

    システム思考経営の仲間は、 割合(体質)パーセントの改善に取り組んでいます

     

    1.売上対比で体質を知ろう 

    勘くん
    なかなか上向きません・・・

    先輩
    赤字の原因はなんでしょう?

    勘くん
    売上が上がらないからです!
    今期は、売上が5年前の2/3になってしまいました

    先輩
    勘くん、売上対比を見てますか?

    勘くん
    なんの比率ですか?

    先輩
    売上、利益の数字だけを見てそうですね
    昔のように売上がどんどん増えることはないと思いますよ

    勘くん
    それはなんとなく感じてます、
    でも売上がないと会社がまわりません

    先輩
    算数教室の復習です!
    売上のなかには何がありますか?

    勘くん
    ギクッ(汗;)いきなりですか!
    ええっと・・・、
    売上のなかには、仕入れと・・外注と・・
    あっ、粗利益です!

    先輩
    おぼえてましたね!
    では、粗利益のなかには何がありますか?

    勘くん
    固定費と営業利益です!
    うちは、営業利益がでてませんが(トホホ・・)

    先輩
    その比率を知ってほしいんです

    勘くん
    はぁ~?

    先輩
    すべては売上対比率でみてください

    勘くん
    分数ですね、ちょっと苦手でしたけど・・・
    売上が分母にきて、それ以外は分子に持ってくるわけですね

    先輩
    はい、その比率(割合)が体質です 勘くんの会社の数字を入れて比率を知りましょう

    スライド12

    2.売上対比の改善手順を知ろう

    勘くん
    うちの会社は、分母より、分子が大きいということがわかりました

    先輩
    考え方と日々の行動が体質をつくります

    勘くん
    売上をあげたい!ばっかり考えているからかなぁ・・・

    先輩
    気づいているようですね
    さっそく、比率(体質)の改善をはじめましょう

    勘くん
    何から手をつければいいのでしょう?

    先輩
    損益図のなかで、いちばん大事なものはなんですか?

    勘くん
    ええっと・・・、
    売上!って言いたいところですが、違いますよね

    先輩
    勘くん、霞(かすみ)を食べてやっていけますか?

    勘くん
    生きてはいけません・・・
    あっ、食いぶち、固定費ですか?

    先輩
    そのとおりです!
    一番大事なのは、食いぶちがある固定費ですね

    勘くん
    食いぶちは大事です、食べなきゃ、生きていけません

    先輩
    生きるための食いぶち(固定費)を確保するためにはどうすればいいでしょう?

    勘くん
    う~んっと・・・
    売上をあげればいいような気もしますが・・・

    先輩
    固定費は何のなかにありましたか?

    勘くん
    粗利益のなかです!
    あっ、そうか、粗利益を増やせばいいんだ!
    そうすれば、固定費がまかなえますね

    先輩
    いいですね!
    では、粗利益を増やすためににどうしますか?

    勘くん
    変動費を縮めればいいのかなぁ?

    先輩
    そのとおりです!
    変動費を改善して減らせば、粗利益が増えて、固定費が確保されますね

    勘くん
    なるほど、一番目に手をつけるのは変動費を減らして変動費の比率を下げるってことですね

    先輩
    そのとおりです!
    その次は何に手をつけますか?

    勘くん
    次ですか?う~んっと・・・

    先輩
    粗利益が増えて固定費も増えぱっなしでいいですか?

    勘くん
    ダメです!増えたお金で余計なものを買ってしまいそうです

    先輩
    勘くんは、まだまだ売上アップが優先ですから、販促にお金をかけて売上アップに走りそうですね(笑)

    勘くん
    ギクッ、痛いところをつきますね!
    固定費も改善しなきゃいけないと思います

    先輩
    ありがとうございます
    固定費を改善して減らすことは給料を下げることではなく、
    楽しんで、力を発揮して、効率よく売上を得る体質をつくるかということなんです

    勘くん

    楽しく、いきいき働かないとおもしろくありません

    先輩
    あり方があるから、削減したいところや、改善しようという気になります

     

    3.売上ドッカーンは、体質が悪化

    勘くん
    あり方が、根っこかぁ~
    僕の場合は、売上を上げなきゃ!ですね

    先輩
    売上を上げるって、自分のことばっかりじゃないでしょうか

    勘くん
    たしかに自分の都合です

    先輩
    自分都合の売上ドッカーンを狙うと体質がどんどん悪化します

    勘くん
    どういう意味ですか?

    先輩
    売上を上げるために、あれこれ時間を費やし、固定費を使って宣伝したりし続けると出ていくばっかりです

    勘くん
    たしかに・・・

    先輩
    売上比率が悪化してくると、今入ってきているお金も無駄になくなってしまいます

    勘くん
    そうなんです・・・やりくりが大変で。

    先輩
    「売上を上げたらなんとかなる」の根っこを改善することが大事です

    勘くん
    はい・・・

    先輩
    あり方に取り組んでください、自分に向き合ってください

    勘くん
    経営理念、芯棒づくりですか?

    先輩
    はい、そこが根っこです。根源シートを書きましょう

     

    まとめ
    ・考え方が体質にあらわれる
    ・今の体質(売上対比率)を知る
    ・比率改善の手順は食いぶちの確保から
    ・売上ドッカーン願望が体質悪化の原因

     

    あり方とやり方については、こちら

    体質の改善取り組みは、こちら