売上とは 農耕型の売上

2017年09月01日

    狩猟型と農耕型は、

    利益の構造、利益の得るプロセス、手順が異なります。

     

    「売上」の意味も異なります。

     

    農耕型は、

    自然は稲や作物、果実といったご褒美だけでなく、

    雑草などのやっかいなことも与えてくれます。

    人は、雑草を抜く作業をおこない、お世話をして育て、

    ご褒美をさらに豊かに繁茂させて、自然を活かしています。

    育てる側の心次第で、育ちもするし、滅することもあります。

    売上(損益の図の左側)は、

    相手があり、環境や自然があり自分たちの思い通りにはいきません。

    相手や自然を受け入れ、順応していきます。

    損益の図

    一方、損益の図の右側は、与えられた売上のなかで、

    自分たちの工夫で、ご褒美(売上)を繁茂させることができます。

    種を選び、土を耕し、水をやり、雑草抜きや剪定、摘花など手間をかけ、

    育てることで、実りを得ることができます。

    収穫したら、お礼肥をし、土が肥え、良い種が蒔かれ、次の準備に取り掛かるから、

    また売上というご褒美が得られます。

    農耕型は、生成化育で、お互い育て、育てあい、活かしあう経営なんですね。

     

    参考文献:二宮金次郎の幸福論 中桐万由子(致知出版)