下請けから元請け カテゴリー

[13件中 1〜10件表示]

地域密着工務店リフォーム店のあり方(研修会から)

全国各地から地域密着店の経営者が集まる定例会。 今回は10日~11日の日程で滋賀県大津市の研修センターで開催。 発表の中から気づいたことをアップします。 『自然災害時にあらわれた、三方よしの経営】 福井県から参加の会社さんからは、大雪の影響がまだ続いており、災害後の案件受注についてどう考えている...
2018年04月12日

建築、工務店リフォーム店の管理会計とは Ⅰ

出来ちゃった売上、利益になってませんか? 1.管理会計ってなに? 研修会では、3つの会計があると学んでいます。 ①税務会計・・・税金をいくら納めるか ②財務会計・・・儲かっているかどうかとお金の構成         損益計算書(P/L)、貸借対照表(B/S)、キャッシュフロー(C/S) ③管理会計・・・未来の数...
2018年01月22日

工務店リフォーム店の「コト売り」と「モノ売り」の違い

反応を求めて、価格を前面に出した宣伝してませんか? 小さな規模の地域密着店が、 家電量販店やフランチャイズチェーンのリフォーム店と 同じことをしたら利益が出ずに沈没してしまいます。 地域密着店は「コト売り」を磨きましょう。 1.「コト売り」と「モノ売り」の違い 「コト売り」は、お客さんの要...
2017年12月23日

工務店リフォーム店の社長は、時代とともに器を変化

会社経営は、いつまでも同じ器では通用しません。 時代、社会情勢に応じて自ら器を変えていきましょう 1.いつまでも通用しない デジタル、情報処理(IT)、人口知能(AI)が進んで、 社会情勢の変化がますます早く動いています。 経営に関わる人は、常に変化し成長進化し続ける生き物なので、 まわりに振...
2017年12月21日

下請けから元請けリフォーム店へ~事業領域~

自社は何業か? 今やっていることは何? 自分たちのやりがい、喜びは何? ぴったりのお客さんは誰? 得意な工事は何? 儲かる工事は何? などを書き出したら、事業領域がおぼろけにわかってきます。 下請けと元請けでは、事業領域が異なります。 自分たちのお客さまは、 工務店さんなのか? ...
2017年11月17日

下請けから元請けリフォーム業への転換

お客様から「ありがとう」の言葉もらえてますか? 喜んでもらえると働き甲斐がありますね。 1.ありがとうがもらえる理由は? ・お客様の困りごとにお役に立つから ・お客様のほんとうの困りごとがわかると感激してもらえる ・お客様は、困りごとに気づいていないか、我慢されているかのでどちらか 2.一人...
2017年11月10日

下請けから元請リフォーム業で生き残り

何がやりたいか!どうありたいか!を持つ経営者さんは、 お客様から「ありがとう、またお願いね」の言葉がもらえる  元請けの建築屋へ進まれています。 1.自分の本業を大事に ・今やっている本業を強みにしてリフォーム業へ進出 ・お客様に密着できる地域を絞り込む(直径2キロや車で5分以内など) ...
2017年11月08日