業績アップの基本 カテゴリー

[6件中 1〜6件表示]

目標数字のつくり方(業績アップの場合)

業績アップの目標数字は、 ・残すお金(営業利益)はいくらにするのか? そのために ・固定費はいくらにするのか? ・粗利益額(及び粗利益率)はいくらにするのか? ・売上額はいくらになるのか? ・変動費、固定費の削減額(及び削減率)はいくらにするのか? を目標数字とします。 損益図を...
2019年01月21日

業績アップの手順がわかると独自化がすすむ

損益図は営業利益を残すために欠かせないものだと 勉強しました。(復習はこちらのページ) 損益図のなかにある「売上」「粗利益」「固定費」には、 意味と目的がありました。 ・「売上」は粗利益を得るためにある ・「粗利益」は固定費をまかなうためにある ・「固定費」は売上を得るためにある ...
2019年01月03日

損益図がわかると営業利益が残せる

ちえじんの教科書で勉強するのは「これからどうやって儲けていくのか?!」 それに欠かせないのが『損益図(そんえきず)』です。 終わった結果を見る損益計算書(そんえきけいさんしょ)ではなく、 これからどれだけ儲けたいから、どうしていくのか!の未来づくりのために、 自分たちの努力で何をどう改善...
2019年01月02日

お金の流れを知ると循環がつくれる

ドラッカーは「利益は、目的ではなく条件である」と言っていますが、 会社にとって利益は、人にとっての水のようなものです。 人は水を飲むために生きているわけではありませんが、 水がなければ生きていけません。 会社が社会の一員である以上、企業の目的が自社の利益であるはずはありません。 しかし...
2018年12月30日