やることをまわりと共有している?!

2019年09月08日

    金曜日の夕方、パソコンのスピーカーから、web会議

    「お問合せいただいた、このお客さまには、

    幸せになってもらいたいから、

    絶対に私たちが、リフォームをさせたいただく!

    そんな気概で、5週表の右側へ案件を移しているか?」

    という叱咤の声が飛ぶ。

    いつ契約すると決めるから、それまでに何をするのかが決まる。

    ただし、契約するには、

    どんなことが必要なのか(分類or契約のための構成要素)が、

    ぼんやりしていると実現しない。

    実現するためには、

    ・必要なことって、どんな分類になるのか

    ・一つ一つの分類には、どんなことが必要なのか

    たとえば、

    トイレ工事ならば、

    解体工事、木工事、取付、クロス工事が、大分類。

    タイルなら、解体工事で斫り(ハツリ)が必要になる、これが中分類。

    斫りは、誰に、いくらで依頼するのかが小分類。

    すべてこの考え方。

    決める、そのための分類、大中小の下準備を書き出して、まわりの人と共有すること。

    行動計画表 → 先行管理表 → カレンダー → 日額表・工程ボードへ進んでいく。

    週Web会議

    どれにも、分類、大中小、要るものor要らないものがある。

    これから建築業は、、素人さんができるようにするために、作業や業務の分類をしておこう。

    統一したフォーマットで、同じやり方だから、共有できる。

    自分勝手な勘と経験やっていると、直に限界がくる。

    地域密着店になるには、社内、協力者との一体がなければ話が進まない。

    Web営業会議に参加していると、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と0a99f743b309966065fab95dffd27458

    叱られ、はっぱをかけられているような気が・・・
    だから、成果につながっているのかなぁ。。。