買っての幸い、売っての幸せのコト売りワーク

2020年04月15日

    4月のCRC会は、webでの開催になりました。

    新コロナウィルスの影響で、

    お客さまからのお問い合わせが激減、

    商品の仕入れができないなか、

    地域密着店の工務店経営者のみなさんは、

    ・こんな時期だから、自社のとして何ができるか!?

    ・仕入れ出来るものを探して、売りに走るのはなく、

     自社の強みをくくりなおし、通信などで伝えていく。

    という考えを出されてました。 

    本日のテーマは、コト売りワーク。

    各社さんからは、

    通信、アプローチブック、チラシなどの

    発表があり、仲間から意見交換、アドバイスを

    いただきました。

    一部抜粋し、記述します。


    ・大工さんを紹介したアプローチブックに対して

     →大工さんのどこが良いか、本人は気づいてないところを

      書いてあげること、大工さんをどうプロデュースするか」


    ・通信の原稿に対して

     →自社のドストライクのお客様の友達や親戚に向けて、

      書くといい

      上得意のお客さまに向けて、自社のこんなコトを

      知ってほしい!から、まわりへ広げていく。

     →通信やチラシのキャッチコピーは、

      社員さんと共有することが大事。

      共有することで、次の行動につながる!

      そうでないと売りに走ってしまう恐れがある。

     →時間がないとお客さまへの思いやりが出てこない。

      通信の制作者を分担して、自分の思いを制作者と

      分かち合ってほしい。

     →自社の工事の強みを建築が素人の奥様にどう伝えるか。


    ・通信の何を書くのか?に対して

     →自分たちが感じて、響いたことしか書かない。

     →日常おこる人とのつながり、ほのぼのとしたできごと。

     →ありのままを書く

     →何をすれば経営理念が実現できるか。  


    ・通信を配布してまわるとの発表に対して、

     →訪問してまわるのは何のため?

      通信をつくるのは何のため?

      このwebミーティングは何のため?

      すべてやらねばならないになっている。

      お客さんの今の心情を想って行動してほしい

    前回のぶっちゃっけディスカッションで、

    各社の強みを掘り下げたことで、

    独自化コピーからの原稿内容の充実や、

    制作物の完成スピードが速まり、

    みなさんの意見交換も活発化しました。

    また、こういう時期だからこそ、

    会社を変えていくチャンスととらえ、

    削減、改善をおこない、独自化を深堀している

    経営者の姿を見せていただきました。

    ダイキンさま、地域密着店の経営者のみなさまありがとうございました。


    株式会社ちえじん 

    ~日本の経営からひっくり返し、多くの経済を良くする~