地域密着店の営業会議を見学

2020年07月29日

    ダイキン気づいてわかる実務レベルセミナー補講の最終回でした。

    今回は、地域密着店の経営を30年続けている(株)チームプラス・アルファさんの

    ありのまま見せていただくことになりました。

    まずは、毎週月曜日10時~におこなわれる営業会議。

    ■営業会議

    1.営業の進捗表

    ①先週契約案件の報告(上の欄)

    ②先週受付案件の報告(左の欄)

    ③今週以降の契約見込み案件(右の欄)
     今週、来週、再来週、それ以降

    ※目標の売上、粗利益の先行管理

    営業会議は、結果の報告、承認の場であり、

    どうやるかなど個別の案件のミーティングは、

    個別に前週末におこなっています。

    営業会議
    2.日額表

    契約案件の日額売上、日額粗利額

    ※一か月に必要な固定費がまかなえる粗利益が確保できているか

    現状7/27の会議では、9月までの契約及び見込み案件を
    月別日額表にしています。
    3.週別受付案件数

    まごころ工事、本工事の受付、受注案件状況

    4.行動計画(先週のやったこと、成果。3か月後までの予定)

    5.キャッシュフロー

    ■事務室の見学

    1.行動スケジュールボード

    2.案件の管理方法

     ファイリング、進捗BOX、書類BOX

    3.工程ボード

    工程ボード

    ■プラスアルファのみなさんへの質問

    Q:なぜこんなにスムーズな営業会議なのですか?
    A:会議は、ミーティングの場ではなく、承認の場。
     売上目標達成の意思統一の場としています。

    Q:この営業会議は何年くらいに完成しましたか?
    A:10年前くらいに今のカタチになりました。
      当初は意見やアイデア出しで午前中いっぱい費やしてました。

    Q:粗利益が安定しているのはなぜですか?
    A:小さい案件でも見積と実行予算はセットで作成します。
     安請け合いはしません、自社単価で根拠を持っています。

    Q:完工時の粗利益率が上がる理由は?業者に叩くのですか?
    A:たんなる値切りはしません。
     平米の拾いなおし、個数のなど洗いなおし、在庫使用、
     工法の変更、自社施工、工程の組み直しなど工夫をします。

    Q:キャッシュフローを社員さんに見せているのは驚きました
    A:自分たちがした仕事のお金の出入りをわかることが大事です。

    など質問、意見交換がおこなわれました。

    質問

    ■お互いをもっと知るために

    ・会社概要 ・経営理念とその想い 

    ・目標数字策定に必要な数字(固定費、粗利益率、営業利益)

    を各自発表し、質疑応答いたしました。

    主宰から、会社さんごとの経営の課題提示があり、

    CRC会で一緒に学んで取り組んでいくことになりそうです。

    みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

    各社の知恵をお互い開示しあいながら、アドバイスしあい、
    よりところは取り入れあい、みんなが成長していく

    同じ、地域密着の価値観を持っているからできるんですね。

    気づいてわかるセミナー参加のみなさま、誠におつかれさまでした。

    チームプラス・アルファのみなさま、ご協力ありがとうございました。

    ダイキンさま、CRC会メンバーのみなさま、ご賛同、ご協力ありがとうございました。