平成最後の社員さん研修は嬉しい感想がもらえました

2019年04月28日

    業績アップ社員さん研修をおこないました。

    進行表は、

    1.課題図書:あきない世傳金と銀(1)源流篇

    2.変・固定費削減改善活動報告

    3.見積・実行予算:内装工事

    4.販売実習

    5.工程ボートと日額表
    ●課題図書の「あきない世傳金と銀」は2巡目になりますが、

    初回では気づかなかったことがあるなぁ~が全員の意見でした。

    読書を通じて得てほしいとこは、

    いかに自然に寄り添いながら生きていくか。

    すべてが一体であり、すべてに愛等しく・・・

    主人公の幸が、どのような心根をもち、ふりかかる問題をどのように切り抜けていくのか。

    まわりの人たちの援助の仕方など・・・疑似体験として学ぶことで、

    自然と刷り込まれ、行動にあらわれてきますという意見をいただきました。

    ●変・固定費削減改善活動報告では、

    研修に参加されている社員さんが社内で「削減なにかありませんか?」と

    声掛けをして集まった成果を発表し合っています。

    次のステップとして、どれくらいの削減ができたのかを集計して出してみて、

    売上対比で何%の変動費、固定費の削減ができたか知りましょう。

    例えば、4%できたなら、次年度は4%、実績以上の5%を目標に挑戦してみてください。

    自分たちがやれた!と自信が生まれると次にやれることに気づき、無理や効率の悪いコトにも気づいてきますと

    下記の確認とともにアドバイスがありました。

    ・業績アップの目標数字は、「売上目標数字」「削減目標数字」

    ・削減した金額は、営業利益のなかに入ってくる

    ・削減は、自分たちのなかで利益をつくること

    ・目標数字を定めると会社が変わってくる

    ●見積・実行予算では、一式についてディスカッションしました。dav

    ・お客様提出の見積では一式でも、実行予算は明細をバラしたほうが良い

    ・バラすことで、削減がすすむ(削減改善の余地が生まれる)

    ・若い人への教育になる(細かく読んでいくからわかる)

    ・変更になった場合の対応がスムーズ

    ・一式だと打合せをした人しか発注や納期確認ができない(分業化への妨げ)

    ・過去の見積データと業者さんからの見積を比較し自社単価を持つ

    ・業者さんからの見積を鵜吞みにせず、自分たちでひらうと根拠になる

    ・見積、発注業務を事務処理化して、社内の管理事務員さんにまかせる
     (男性より女性のほうが向いている)

    ・見積のやり方を変えると削減になる
     (見積での利益の背骨づくりは、業務改善での削減になり利益を上げる)

    という意見、アドバイスがありました。

    ●販売実習では、お二人が会社の強みをしっかり話されて合格しました。

    地域密着店は、価格や商品の機能ではなく、地域の人々、社員さん、協力会社の人たち

    のためにそこに在ることが大事で欠かすことのできない、精神サポート業だとあらためて感じました。

    研修の感想で、もっと自分たちの努力で利益を出して会社に貢献したい!と言ってくれた人がまた一人増えました、嬉しい。
    CRC会の経営者のみなさまご協力ありがとうございます。