成長のための業績アップの社員さん研修

2019年07月28日

    業績アップの社員さん研修をおこないました。

    参加者が、意識している、無意識かは、別として、成長したい!というものを

    毎回感じています。

    今回も、実践した知恵をもちより、お互いが知識を得、

    読書感想を通じて、心の成長が加わり、

    社会、業界、地域、会社にとって、

    なくてはならない人になるために、一歩、いや半歩かな?進みました。
    1.あきない世傳金と銀 四 貫流篇の感想文の意見交換では、dav

    ①喜び>儲け

    主人公の幸は「売るための工夫は楽しい」のくだりを書いた参加者さんへ、

    「あなたも、売るための工夫は楽しいですか?」の質問に

    「はい」の回答。

    続いて「なぜ楽しいのですか?」の質問に

    「お客さんが喜ぶから嬉しい、楽しい」の回答。

    続いて「お客さんが喜ぶとご自分が嬉しいのですか?」の質問に

    「そうだと思います」の回答。

    「あなたは、人が喜んでくれると自分も嬉しい」ものを持っていますね。

    これからも、自分が喜びたいから、

    社員さんに〇〇してほしい、お客さんに〇〇してほしい・・・

    をどんどんやってください、自分が喜びたいことを大きくすることで影響力が大きくなり、

    やった分だけ自分に喜びとしてかえってきます。

    生成化育の経営は、相手が喜んでくれて、結果として儲かるが正しい。喜び>儲け

    まずお客さんに喜んでもらうこと。

    仕事が良かったから喜んでもらうこと(価格が安いからではありません)

    という助言の助言がありました。
    ②任せられる人になるために

    入社3年目の社員さんの感想文のなかに、

    「何かを任されるようになりたい」と書かれたことに対して、

    上司がみなさんに何かを任せるときは、

    何を頼んでいると思う?

    何を期待していると思う?

    どうなることが頼んだ人の目的に添うと思う?

    という問いかけがありました。

    上司の人は、あなたに任せてよかったぁ~と思わせてほしいのです。

    そう、安心させてほしいのです。

    安心してもらうためには、

    みなさんが、

    「こんなことを考えたのですが、どうでしょうか」

    「ここまで進みました」

    「あと1週間で終わる予定です」

    など、報告、連絡、相談をすることが、必要になります。

    人を育てている会社は、チームワークで共創しています。

    上司は、あなたがひとりで、答えや結果を出してほしいなど望んでいません。

    安心を与えるような、報連相を求めており、

    そのプロセスのなかで、上司が何を考え、思っているのかがわかってくるから、

    あなたに任せてよかったなぁ~という安心の成果になります。

    やりとり、すり合わせがあってこそ、願う成果が生じます。

    ところが、

    自分ひとりで、やり切らないと、けつをわることになるとか、

    相談すると負けになってしまうとか・・・

    と考え行動していると、

    いつまでも同じところで、ミスを起こしたり、

    もう一歩のところで、作業が完成しなかったりを繰り返します。

    ③本を読むことは成長の糧

    本を読む、文字を読むことが苦手な参加者さんは、

    なかなか、読書感想文が上がってきません。

    なぜ、本を読んで感想の意見交換をするのだろう?

    感想を書いて発表、人の感想を聞くことで、

    自分のなかで、必ず気づき、志を得ることになります。

    今やっていることはこれでいいのか?

    間違っていないかなぁ~?

    違うこと、こんなことをやったほうが良いかも!

    本を読んでこのようなことを思うことはスゴイこと。

    この研修は、成長するためにおこなっていますから、

    知識を入れるだけでは、片手落ちになります。

    ぜひ、本を読んでほしい、やらないとどうしようもありません。

    少しづつ、読める分量から始めていきましょう。

    2.変動費固定費の削減(改善)では、dav

    変動費だけでなく、固定費削減の実績を記入が増えたり、

    現場の職人さんと一緒に取り組んでいる成果の報告がありました。

    アドバイスとして、職人さんに算数教室を説明することで、

    なんのために、削減活動をやっているのか?

    原価意識がついてくると、入った分、出ていく分がわかりはじめ、

    知恵を使って、無駄はないか?と意識が生まれ、

    間違いなく働き方が変わってきます。

    経営者は、削減(改善)がなかなか継続しませんから、

    現場の社員さんが、愚直にやり続けると

    会社のルールづくり、風土が変わり、良くなっていきます。

    のアドバイスがありました。

    3.見積、実行予算の発表では、dav

    防水工事の見積・実行予算対比書を持ちより、意見交換しました。

    毎回そうですが、各社の仕入れ単価、売価設定、粗利益率の大きく異なることが、

    多く、利益管理に役立っています。
    4.今回から、社員さん研修でもファンベースの実践がはじまり、

    コアファンに「なんでうちで、買ってくれてるの?」

    なんでやの?をしっかりと聞いていることが課題になりました。

    地域密着の工務店リフォーム店の経営者のみなさま、平田タイルさま、

    ご協力、ご賛同ありがとうございます。