目標数字達成は何のため?!あり方を問う

2020年08月23日

    地域密着の工務店、リフォーム店の業績アップ研修をおこないました。

     

    参加全社が、9月末を区切りに目標数字(売上、変動費削減、固定費削減)を

    掲げて進捗を図っています。

    残り約一か月(正確には6週)をどのような時間にするか?!

    研修前に先輩(若手社長)の方々とミーティングがおこなわれ、

    CRC会主宰から以下のアドバイスがありました。

    dav

    • 達成までギリギリ?!

    ここから9月末までがとても大切な期間になります。

    これまでせっかく積み上げてきて、

    やり切った人もいるだろうし、やり切っていない人もいるでしょう。

    続けてきて積み上げた結果がこうなって、

    あと約一か月で達成できるか、できないか、ギリギリのところだと思います。

    • どうやって達成するのか?!

    目標数字を期限までにどうやって達成するのか?!

    目標数字の達成となれば、手段や方法のやり方に行きがちですが、

    CRC会は、あり方とやり方の両輪でやっています。

    どうしても達成したいという気持ち(あり方)に

    なれるかどうかがとても重要です。

    なんとなくやっていては、数字の足らずは、絶対に達成できません。

    今までと同じ思考で、同じ方法で、同じ動きをしていては、達成はできません。

    これまでの延長で努力して、頑張ればなんとかなりそうでは、

    本当の意味での達成はありません。

    これをやっていればいい、あれをやっているから大丈夫、

    手段や方法のやり方で業績が上がるということではありません。

    • なぜ、やろうと思ったのか?!

    自分を変えるという気持ちで取り組まないと、

    ほんとうの気づきは得られません。

    そもそも、なぜやろうと思ったのか、

    何を得ようとしたのか、

    なぜ日々の数字を打ち込み、まとめて、コメントを打ってきたのか、

    なぜ毎週事前会議、営業会議をやってきたのか?!

    そこまで時間をかけて何をしたかったのか?!

    上からの命令だけでここまでやってなかったと思います。

    はじめは、やらされ感だったのかもしれませんが、

    途中で気づいてきた人もいるでしょう。

    それぞれ、みなさんのなかに何かがあるのだと思います。

    先輩は、CRC会であり方、やり方を勉強してきています。

    だから、自らがこういうことをやりたいから、

    業績アップを実践しているとしっかりと意思表明して、

    後輩のみなさんの動機、心の奥底にある心根を気づかせてあげてほしい。

    • 出発点、原点に戻る

    今、なぜやりはじめたのか!というあり方、

    出発点、原点に戻る必要があるのです。

    人には、今までやってきた経験値と、

    やったことがない未知の経験値があります。

    やったことをしないといけない時がありますが、

    それが今なのです。

    これから一か月は、

    今までやったことのないような努力をしないといけません。

    これまでやったことのないような行動をし、経験をする。

    つまり未知の経験値に踏み込むには、

    そもそもなぜこれをはじめたのだろう?!

    出発点、原点をもう一度、踏まえないといけません。

    「あり方を問う」ということです。

    あり方、意図が明確であれば、

    やり方(方法とか手段)は無限大に出てきますから、

    何のためにやろうと思ったのかがとても需要なのです。

    つまり、今までやってきた経験値よりも

    超えたところの経験をするとか、

    超えたところの活動をしていかないと、

    自らの使命が達成できませんから、真の目標数字が達成できません。

    通常できる範囲でやっていたのでは、殻はやぶれない、進化成長はしない。

    その場に、踊り場をこしらえてとどまってしまい、

    ややもすれば後退してしまうことになります。

    • 力はどこから出てくるのか?!

    目標数字の進捗をしながら、このままでは達成できないと思ったら、

    そのときに、先輩として、

    みなさんに、そもそもなぜこれをやっているのか、

    どうしたいのか、を考えよう!と問うてほしい。

    現状の数字を把握できるようになってきているから、

    目標との差異もわかる。

    あとひと踏ん張りする力はどこから出てくるのか?!

    どうしたら、その力が出てくるのか、なりたかった姿はどうだったのか、

    原点にかえろうという話をしてほしい。それがほんとうの学びなのです。

    それがなかったら、そのまま、今のままでやってしまう。

    そこにはチャレンジがない、ほんとうのチャレンジ、

    こうなりたいから、何がなんでもやらないといけないがない。

    目標数字があるから、何がなんでもではありません。

    自分はこうなりたいから、何がなんでもなのです。

    そうか、こうなりたかったのだ!あともう少しだ!がんばってみよう!

    どうしたらなるか、やってみよう!という気持ちに先輩がなってほしい。

    後輩が、自ら、自発的にこうしたい!を引き出すのがリーダーシップ。

    社員さんの気づき、能力を発揮させてあげてください。

    先輩の社長さんは、社員さんを育てながら、

    自分たちも、わかっていかなといけない存在ですから大変です。

    • みんなバタバタしている、それでいいの?!

    勉強して気づいてきている先輩のみなさんは、

    世間一般の工務店、リフォーム店さんとは、すでに大きな差があります。

    世間の建築屋さんは、常に忙しい、バタバタしている、とよく言われます。

    そこで、何がバタバタしているのですか?と聞くと答えられません。

    種まきの段階でバタバタしているのか、

    プランニングでバタバタしているのか、

    見積作成でバタバタしているのか、

    クロージングでバタバタしているのか、

    現場管理でバタバタしているのか

    この5つにわけると、どこがバタバタしているのかがわかるはずです。

    プランニングで忙しいなら、

    それは3か月前の種まきが原因とわかる。

    ちゃんとやっているから、今忙しいのですね。と話ができる。

    ところが世間の多くの工務店、リフォーム店は、

    バタバタしているけど、あれやこれやではっきりと言えない人ばっかり。

    どこが忙しいとか、これからこんなことをやるために今、取り組んでいるから、

    日常業務が圧迫されて忙しいとか、明確に言えない人ばかりです。

    あり方がないまま、やり方を熱心に取り組まれています。

    目先のことばかりに追われて、バタバタしていますが、

    会社は業績を上げながら忙しいのか、甚だ疑問を感じます。

    次の種を蒔くのが経営なのですが、出来てないように思えます。

    sdr

     

    • 地域密着店が生き残り続けるために

    みなさんが業績アップ研修でやっているように、

    日々の出来事を数字に置き換えて、

    データ化していかないとなにもわかりません、

    あり方のために、しっかりと今はこんな数字。

    営業はこんな数字。

    クロージングはこんな数字。

    現場の日額はこんな数字。

    数字がわかっていないとダメ。

    安心もできません。

    それをあたりまえにこなせる体質にならないと

    地域密着工務店、リフォーム店として生き残り続けられません。

    この業績アップ研修は、必ず業績が上がる会社をつくってほしい。

    研修のための研修ではありません、

    地域密着店が生き残るために、

    CRC会の業績アップ研修に参加しているから

    業績が上がったといってもらえるような仕組みをつくりましょう。

    ご賛同、ご協力よろしくお願いします。