粗利の増やし方、実力の積み上げ方を学びました

2019年05月26日

    社員さん向けの業績アップ研修をおこないました。dav

    ・契約から竣工(完了)までの間に粗利益を増やす

    ・実力を積み上げる

    2点の報告をさせていただきます
    【契約から竣工(完了)までの間に粗利益を増やす】

    変動費、固定費の削減(改善)表の発表時に、

    粗利益を増やしていくことを話し合いました。

    工事を受注してからの3段階を見てみましょう。

    1.契約段階 

    2.着工段階 

    3.竣工(完了)段階

    dav

    例えば、売上1,000万円の契約をしたとします。

    契約時の実行予算が、仕入れと外注費合わせて700万円でした。

    そのときの粗利は、

    売上1,000万円-仕入れ外注700万円=粗利300万円になります。

    (1.契約段階の売上1,000万円・仕入れ外注700万円・粗利300万円・粗利率30%)

    この粗利300万円は、営業さんの貢献です。

    この段階が、変・固定費削減(改善)表の実行予算額の欄に入ります。

    次に工事に手をつけるまでに、『実行予算を見直します』

    これをやっているか、やっていないかがとても重要になります。

    やっていないところが、やることで、3%くらい変わってきます。

    1,000万円の売上で、30万円の利益をつくることができます。

    年商1億円の会社で、年間300万円の利益を増やすことができ、

    年商10億円の会社で、年間3,000万円の利益になります。

    見直しの順序としては、

    ①在庫はないか?
     倉庫の在庫などを確認します。

    ②単価の間違いはないか?
     仕入れ単価のチェックなどおこないます。

    ③現場に合った数量なのか?
     業務(女性管理事務職など)と工務が確認をし合います。

    この段階が、変・固定費削減(改善)表の予想される削減額の欄に入ります。

    図の着工段階では、仕入れ外注費が、600万円になり、

    粗利が100万円増えて、400万円になりました。

    増えた100万円は、業務、工務さんの貢献です。

    (2.着工段階の売上1,000万円・仕入れ外注600万円・粗利400万円・粗利率40%)

    この段階が、変・固定費削減(改善)表の予想される実績金額の欄に入ります。

    着工し、現場をこなしながら竣工(完了)段階で、

    仕入れ外注費が、550万円になり、

    粗利が50万円増えて、450万円になりました。

    増えた50万円は、工務、職人さんの貢献です。

    (3.竣工段階の売上1,000万円・仕入れ外注550万円・粗利450万円・粗利率45%)

    契約段階から、竣工段階まで変わっていくことが大事になります。

    売上は1,000万円と変わっていませんが、自分たちの動きで粗利益を

    増やしていきます。

    そのために、都度都度、実行予算に変化を加え、見積り番号に枝番がついていきます。

    だれがどの段階で、どのような貢献をしたのか成果が見えてきます。

    契約段階に実行予算を組んだら、そのままで見直しをしない会社が多いのではないでしょうか。

    業績アップの研修に参加しているみなさんは、しっかり取り組んでいきましょう。

    【実力を積み上げる】

    作業、仕事を通して、人が成長し、業績のいい会社をつくっていくには、

    『自分を変えていくこと』が大事だと学んでいます。

    業績のいい会社 色付き

    そのためには『行動パターンを変えること』を

    グーグルカレンダー、作業の大中小を見ながら話し合いました。

    ・予定に書き込むことは、自分との約束sdr

    ・書いて、こなしていくから積み上がり、それが実力になる

    ・書いてあることを絶対におこなう

     先送りしない、突発的なことに振り回されない(突発的な起こらないよう準備)

     書いてあることをお互いが確認し合い、言い続ける、協力しあう

    ・毎日毎日やることがルーチンになると実力がついてくる

    ・予定を書いてやらないと、ぶっつけ本番、その場しのぎになってしまう
    人が成長するから、粗利が増え、営業利益が増え、実入りが増える。
    行動パターンを変えて、自分を変えていくことが成長につながる。
    業績アップで、自分を磨かんとね。

    みなさま、おつかれさまでした。