経営理念と目標数字を持って、業績アップの実践スタート

2020年10月04日

    CRC会に新しく参加されるみなさんが、

    自社の業績アップに取り組むにあたり、

    『経営理念』『目標数字の策定』の発表をおこない、

    先輩方々からのアドバイス、意見交換がありました。
    右

    経営理念についての意見交換で、

    Y社長さんが、

    「建築を通して、地域でかけがえないのない存在であり続けたい」

    という想いがあるが、言葉にできない・・・と質問がありました。

    先輩からは、

    Yさんが言う「かけがえないのない存在」とは、どのような存在なのか?

    かけがえのない存在、、、

    たとえば、太陽、水、大地・・・が思い浮かんだら、

    太陽のような存在のことを言う、

    水のような存在のことを言う、

    大地のような存在のことを言う・・・

    のように言い換えてください。

    経営理念という一文にするために、

    いきなり言葉を短くまとめて、略そうとせずに、

    言い換えて、自分のなかでしっくりきたものを集約して、

    具体的な言葉にしていきましょう。

    という説明がありました。

    また、

    経営理念は、経営者のありたい姿を現すことと、

    社員さんのやる気スイッチを押すことが大事。

    理念は、社員さんの助けがあってこそ、向かえるもの。

    経営者だけでは、到底無理です。

    とアドバイスがありました。

    目標数字の策定については、

    1.現状の数字を把握する

    2.現状の数字をもとに、目標数字をつくる

    今回の目標数字は、3つ。

    ①売上目標数字 ②変動費削減額目標 ③固定費削減額目標

    ※研修が先にすすむとこの3つに加えて、④粗利額目標 ⑤営業利益目標が、

    加わります。

    現状の数字を把握するために、算出フォーマットで整理をおこないました。


    目標数字の算出フォーマット
    目標数字算出フォーマット

    固定費の拾い出しから取り組んでいただき、

    うちの会社は、月にいくらかかっているのか?を知ることができました。

    また、いくらの売上で、いくらの支払いをして、いくらの粗利益が残る。

    というところから、粗利益率を知ることにも進みました。

    現状の数字を根拠にしながら、目標数字のつくり方(書き込み用)の発表。

    以下は記入シート
    ①目標数字のつくりかた(書込み用)0925 順番と説明

    N専務さんから、

    「変動費削減率の目標をいくらにすればよいでしょうか」

    という質問がありました。

    先輩からは、

    現状の粗利益率が25%で、目標の粗利益率が、28%ならば、

    変動費削減率の目標を3%にしてください。

    もし、変動費削減率の目標を立てなかったら、

    今の体質の25%そのままで一年間終わってしまいます。

    目標を3%にして変えようと決めるから、

    変えるために動き、25%が、28%に改善していきます。

    目標は、今の自分たちを変えるために設定してください。

    業績アップの実務に入っていくと、

    目標数字に対して、どれだけコミットできたか!?

    これまで見なかった、見ようとしなかった習慣に目がいくようになり、

    数字達成のため、幸せになるために体質を変えていきます。

    経営理念、数字の根拠をもって取り組む、近道はありません。

    長い道のりになりますが、CRC会があることが、

    心の支え、モチベーションになってきますと、

    先輩からコメントもありました。
    左

    目標数字が出てきましたので、次回からは、業績アップの実践で、

    変動費削減で、粗利益をつくり出し、

    固定費削減で、営業利益をつくり出し、

    案件の先行管理で、契約金額を確定し、

    毎週、毎月の数字を具体化していきます。

    ダイキンさん、CRC会のみなさん おつかれさまでした。