あり方(経営理念)とやり方(利益アップ)で独自の黒字化へ

2019年10月11日

    これまでは、規模を大きくする、量をたくさん製造、販売するために、
    売上を増やす売上アップの手法やマーケティングが、主流でした。
    ところが、市場が小さくなり、多様化していくなかで、
    これからは、量ではなく、人が成長して、利益を得る利益アップが、
    主流になり、質を求める時代に移行していくと考えます。
    その質は、人からしか出てきません。
    そのために、小さい会社だからこそ、あり方(経営理念)を持ち、
    ・自分たちは何をしたいのか、どこへ向かうのか!?
    ・自分たちの存在価値は何なのか!?
    ・どのようにまわりに役立ち、貢献していくのか!?
    を整理して、目的、価値をはっきりさせることが、
    そこで仕事をする人(社員さん)から質を出すのに欠かせません。
    次に、目的、価値を達成するために、
    人を磨いて、営業利益を得るためのやり方(利益アップ)をおこないます。
    これまで主流だった、
    売上アップでは、売上を上げることをいの一番に取り組みました。
    売上アップでは、あり方がありません。何が売れてもOKでした。
    売上アップでは、弱肉強食で力の強い勝者だけが生き残りました。
    一方、これから主流になる、
    利益アップでは、まず削減、改善をおこない、自分たちらしさが出てから、
    人間味をアピールして、売上が得られていきます。
    利益アップでは、あり方とやり方の両輪なのです。
    利益アップでは、独自化がすすんだところは、すみわけて生き残り続けます。
    このように、売上アップと利益アップは、真逆なものなのです。
    残念ながら、利益アップの勉強会はまわりにありません。
    売上アップの手法、テクニックが溢れています。
    私たち、株式会社ちえじんには、
    中小、小規模事業所に合う、あり方(経営理念)とやり方(利益アップ)の手引きがあります。
    社内が活性化するために、人が気づいて成長するための伝票システム提供力があります。
    同じ価値観を持つ仲間と一緒に勉強して、ながく生き残り続ける会社、お店づくりをしませんか。
    気軽にお声をおかけください。
    売上アップから利益アップへ移行のなかで、多くの経験を持つ、
    経営者さん、社員さんがたくさんおられます。
    きっとお役に立てると思います。

    ——————————
    株式会社ちえじん 代表取締役 星川真一郎1965年生まれ
    食品メーカー卸会社、広告会社を経て、実家の稼業(広告業)を継ぐも休業へ。
    新規事業を模索するなか大阪産業創造館さまのご縁でコンサルティング会社社長に。
    売上アップのコンサルティング業務に心身ともに病み退任。
    空調メーカーダイキンさまのご縁で地域密着工務店の仲間と利益アップに取り組み、
    CRC(進化し続けるリフォームの会)を主催運営。
    中小、小規模事業者にあり方(理念)とやり方(利益アップ)の経営を伝え、
    社内活性化を「おとなのさんすう教室」と「研修」「伝票システム」で提供。
    IMG_0469〇