第5弾 気づいてわかってくる実務レベルセミナー[3]

2020年02月22日

    金曜日は、気づいてわかってくる実務レベルセミナー3回目でした。

    今回のテーマは「自社の強み再発見」。

    1.課題図書「カモメになったペンギン」感想、意見交換dav

    2.変・固定費削減表 発表

    3.自社の強み再発見

     意見交換IMG_20200220_164155修正 

     ①自社の強み紹介 

     ②お客さんは何を伝えたとき、自社を選んでくれましたか?

     アドバイスシート記入

    4.モノ売りとコト売り

     意見交換IMG_20200220_164133修正
     
     どんなお客さんが、
     自社のどんな商品、サービスで、
     どのようになってほしいですか?

     アドバイスシート記入

    5.省エネリフォーム

     最適なエアコンご提案について

    の内容をおこないました。


    自社の強み再発見 資料を抜粋して紹介します

    スライド3

    売上アップと業績アップは、ゴール(目的)が異なります。

    業績アップは、お客さんの買っての幸いを優先するから、

    お客さんに喜んでもらえることが大好きなんですね。

    お客さんに支持されながら、永続きする商売がいいなぁ・・・

    スライド4

    売上アップ、業績アップのスタンスが異なれば、

    同じ「強み」という言葉でも、

    意味、目的がまったく違ってくることを学びました。

    経営理念って大事ですね。

    スライド5

    業績アップの会社さんでは、

    強みが伝わると、お客さんからのご依頼が増えるのですね。

    スライド6
    業績アップに取り組む会社さんの『利益』の意味を学びました。


    課題を発表された一人一人に対して、テーブルの仲間全員が、

    セミナーのグランドルール「相手のことを自分のこと以上に考える」

    に基づき、アドバイスシートを書いて、お持ち帰りいただきました。

    みなさん、一所懸命に相手のことを想い、良いところを見つけ出して、

    書いてくれました。

    IMG_20200220_164223修正

    自分の良いところ、強みは、自分ではなかなか気づかないところ。

    だからこそ、業績アップの仲間の助言が必要だと思いました。


    次回は、経営理念について(自分たちの「あり方」「やり方」を明確にする)

     第5弾セミナーご参加の経営者のみなさま、
     
     ダイキンHVACソリューション近畿のみなさま、CRCのみなさま。

     ありがとうございました。

     ~生成化育の経営が経済の主流となり、

          中小企業に物心両面の幸せがもたらされますように~