目的達成の未来予想図を描かないとスキルがあがらない?!

2020年06月28日

    地域密着の工務店、リフォーム店の業績アップ研修会をおこないました。

    コロナウィルス禍のなか、Web営業会議は毎週おこなっていましたが、

    今回は、Webとリアル研修と選択ができるようにして開催しました。

    社長さん、施工管理者、多能工さん、管理事務職さんなど

    さまざな職種の人たちが、削減、売上の数字の成果、内容について、

    発表をおこないました。

    今回も研修会のグランドルール

    「仲間のことを自分のこと以上に考えて、アドバイスすること」のもと、

    意見交換、アドバイスをしあいました。

    dav

    研修では、4月~9月の6ヶ月を期間設定し、

    売上額、変動費削減額、固定費削減額を目標数字として、

    目標達成に向けて、進捗をおこなっています。

    今月の6月末で折り返しのため、

    目標達成に向けた後半3ヶ月(7月~9月)の行動予定を

    みんなで意見交換をしながら、行動計画をまとめて発表しました。

    dav

    アドバイスとして、

    ・目的達成の青写真(未来予想図)を描かないとスキルがあがらない

    ・3ヶ月後、ここまで行きたいを明確してほしい(到達点)

    ・行きたいが決まるから、こんなシナリオをつくろうとワクワクしてくる

    ・目の前に出来てきた仕事をガツガツやるのではない

    ・発表内容を聞いているとアイデア止まりになっている

    ・具体性に欠けている(数字と期限がない)

    ・いくら(金額、件数など)をいつまで(期限)の宣言がない

    ・行動の予定を数字に落とし込む必要がある

    ・具体性がかけるとやらなくなる

    ・とくに社長さんは、決めたことをまあいいっか!でやめてしまう

    ・変動費の削減、工期の短縮の発表を聞いて

     →削減をいくらの金額までおこない、目標金額の不足分を補うのか?

    ・OBさんを分類してセールスレターを作成を聞いて

     →どのようにOBさんを分類するのか?

     →セールスレターは、OBさんの分類をどのように絞り、

      どのような内容にするのか、いつ(日付)、何枚配布するのか?

      まで落とし込まないと行動予定にならない

    ・親しいOBさんへ通信を手渡しする機会をつくるの発表を聞いて

     →20組に合うと決めて、伺う日にちを決めてカレンダーに入れる

    ・近隣のエンドユーザーを増やしたいならば、

     新規のお客さんに向けた内容のポスティングを目に留まる頻度を

     上げる予定を組むこと

    ・通信の再開をおこなうならば、修理修繕は柱になるので、

     ぜひ、加えてもらって、いつから発行するのかを具体的に決めて、

     修理修繕の受注件数を設定し、お金をもらう営業活動を活性化してほしい

    など助言が飛び交いました。

    ——————————————————————

    毎週の営業会議に向けて、日々の準備に取り掛かることになりました。

    研修会の終了後、CRC主宰から、

    多くの工務店、リフォーム店さんは、根拠のある目標設定がなく、

    売上を追いかけ、削減活動もなく、出来ちゃった売上、利益でやっているが、

    ここの集まった人たちの会社さんは、自らで未来の数字をつくる管理会計に

    取組みはじめたから、それぞれの地域で生き残る会社になります。

    と応援の言葉をもらいました。