自分たちの価値観ってなに???

2019年08月25日

    業績アップ 社員さん研修をおこないました。

    1.削減、活動の発表では・・・

    「見積漏れ、現場管理の問題からムダが起こっているかもしれない」dav

    という発言からはじまり、

    ①パーッケージ見積方法(新築そっくりさん式)と

    積み上げ見積方法のメリット、デメリット。

    ②社内で、担当者によって見積方法が異なるため、

    見積の標準化はできないか。

    ③年商1億円以上の規模になると、積算・発注担当をおいて
     5%以上の粗利を稼ぐことがおすすめ。

    ④一式でなく、㎡で積算することが見積漏れを防ぐ対策になる
    一つ一つ拾うことで、データがたまり、お客さまへ説明根拠になる

    などの意見交換がありました。
    ************************************* 

    2.見積・実行予算の比較は、タイル工事

    各社の実行予算書とビフォー、アフター施工写真を持ちより、

    発表しあいました。

    工事まで至った相談、提案内容や、タイル工事屋さんの金額など、

    情報交換をおこないました。

    **********************************************
    3.課題図書「ファンベース」dav

    参加されている社員さんの会社では、社員全員でファンベースを読んで、

    勉強会をやっているところがあったり、感想文の発表でも、みなさんが、

    ファンベースの考え方に共感、賛同されていました。

    ファンベースマーケティングを実践していくことで、個別、密着、地域密着の

    お店として成長していくと感じておられました。

    入社3年目の参加者の感想では「お客さまに対してのちょっとした工夫で、

    愛着を持っていただき、信頼が生まれていき、それからやっと売上に

    変わっていくのだなぁと心に響きました」とありました。

    ************************************************
    4.理想のお客さまに自社の価値を聞いてくる

    お客さまを訪問して、

    『なぜ、うちに仕事を依頼してくださるのか?』を聞いてきた内容を

    各自が発表しあいました。

    冒頭に参加者から、

    「価値がわからないのですがどうすれば良いか?」という質問がありました。

    主宰からは、

    ・自分たちの価値は、自分たちではわからないもの

    ・だから、お客さまのところへ行って、自分たちの良いところを聞いてくる

    ・会社の価値は経営理念のなかに入っている

    ・経営理念を達成しにいくから、お客さまが感じるところが出てくる

    ・お客さまが良いなぁと感じるところを聞いて、それを強化する

    ・お客さまは何に共感しているのか、

     挨拶なのか?イベントなのか?所作なのか?まっすぐに見つめる目なのか?
     
     良いと思われていることをどんどん磨いておこなうと、

     そうすると同じような価値の人が増えていく。

    ・何かをおこなうときは、感謝の気持ちを持ってやりはじめること(発動)。

     決して打算的におこなわないこと ※結果は、大きな違い

    ・今までの建築業界では、知識があれば物知りとして、

     お客さまは買ってくれていた。ところが、物知りが判定基準でなくなった。

     安心感、信頼感など人間力が基準になっている。
    お客さまからのヒアリングでは、dav

    「安心」「信頼」「信用」という言葉をいただいてきていますが、

    なぜ、安心と思ったのか?

    なぜ信頼を感じてくれてるのか?

    をみんなで聞いてきて、次回の研修で持ち寄ろうということになりました。

    お客さまから聞いたコトをアピールする!
    それが次の手を打つことになります。だから広がっていく・・・
    自分たち都合の打ち手をやっていては、業績アップの成果につながりませんよね。

    ************************************************

    【感想】 

    今まで、本を読まなかったNさんが、ファンベースを読み始め、

    『会社の価値、自分の価値ってなんだろう?』と真剣に考えはじめた。

    終了時の挨拶で「今日の研修は自分にとって大事な日でした」の一言。

    とても嬉しかったぁ・・・

    これから社員さん一人一人が人間として、根源とのつながりが、

    はっきりしてくるような気がしています(ワクワク^^)

    Nさんは、ひたむきに変動費、固定費削減活動に取り組み続けているおひとりです。

    現状を変えること、だから成長する、進化し続ける・・・

    今の仕事で、なにか変えるところはないか?変動費、固定費削減(改善)

    目に見えるものをやりつくしたら、そこからが、ほんとうに変える必要があることに気づく。

    CRC会で学んでいることですよね。

    どうやら、根源とのつながりに関係がありそうで、楽しみです。

    コト売りは、人間を磨くことが大事!つまり成長していくこと!

    モノ売りから、コト売りへ! 独自化が進み、地域の老舗店へ!

    ~生成化育の経営が経済の主流になり、中小企業に物心両面の幸せが得られますように~

    平田タイル中浜さまお疲れ様でした、地域密着の仲間づくりよろしくお願いいたします

    大匠工務店水落さま、お忙しいのに駆けつけていただき、ありがとうございました。

    みなさん、次回の研修に向けてしっかりと準備お願いします。